ライフスタイル

「きちっと」と「ちゃんと」が口癖の私達

永田家の長男として生まれた秀俊
高橋家の長女として生まれた陽子
秀俊は親戚の中でも、孫一号で、皆の目が集まり易い状態
陽子は親戚の中では、まぁまぁお終いに近く目立たぬ状態

生まれ持っての「性格」は有るとしても、「環境」等によって

色々と左右される「その人なりの世界観」は有ると思います。

「人巡りを業」とする!

と、決めて生きていると

「人の活かし方」に対する「自分の有り方」には

何度も、何度も、やりなおしの繰り返しです。

「これで良い」は・・・多分、きっと無くて

いつもいつまでも、この「お題」に向いて日々を生きる

という感じなのでしょうネ

とは言え、やはり「長」がつく私達二人は

似通った事も有り・・・笑い話にならない・・・勃発事項も多い(苦笑)

特に「口癖」になっている

秀俊は「きちっと」

私は「ちゃんと」

一体、何がどのように違うのか・・・

という事で、言葉の意味

「きちっと」=外から見た姿をよくすること

「ちゃんと」=正確さ、精密さを示す

ほっほぉぅ 面白い!!

上手くいく時には、この二人が目指す「体裁」は保たれ

上手くいかない時は

「目くそ、鼻くそどちらがどーーーだ こぉーーーだ」の大騒ぎ(苦笑)

「長」の字が付くので

良く聞く所の「お世話好き」「責任感が強い」

そして、どちらもが「優位」に立ちたがる、「表」で有りたがる

(お恥ずかしい事に・・・もめごとは、いつもココ)

夫唱婦随の言葉からだと・・・私が一歩ひいて、アラン秀俊さんについてゆく形

どっこい二人は「横並び」(笑)

どちらが「良い」「悪い」では無く

どちらも「有り」な二人の現状(現実)

お互いの「得意分野」は尊重して「踏み込まない」は鉄則!

しかし、お互いの「やってる事」で、「足りない事」は「足す」も鉄則!

切磋琢磨は、こうして私達の「平和」を保ちます。

四六時中一緒じゃない日々は、こうして生まれた、二人の約束

外から見える私達は「仲良し」のようです。

はい、決して、仲が悪い訳ではありません。
が・・・反発しあう事も多いので
適度な距離感は、大切にしています。

 

IMG_6477

 

それが出来る「今」は仕合せ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く