ライフスタイル

あたりまえもふつうもちょうどいいも、難しいのは

土砂降りの雨の中、無事に名古屋に戻りました。ドライバーはアラン秀俊さん

自分の中の自分の「ご機嫌」に、鈍くなっているからなのよーーー

きっと、とっても「心地良い」と感じていられる「点」があって、それに意識を置くと、随分と「楽」に過ごせるのに、無理やりにその「点」を押し殺すと、鈍くなって、解らなくなるのヨ

ただ、それも積み重なると「心悪く」感じ始めて・・・プツプツ
そして、いつか「噴火」するのよーーー
中に閉じ込め過ぎると「不調和音」として、プツプツはブツブツとなり、グラングワンとなり、ブワーーーン グワァーーーン
となれば、まだ良いカナ 鈍くなり過ぎて「気付かなくなると」始末が悪いワ

あっ ごめんなさぁーーい、私はカウンセラーではありませんワ

そんな出来上がった人では無いのです。まだまだ成長過程の、ただの我儘シニアです(笑) 人生経験の時間が長いだけで、苦難の坂を知りませんのぉ

ただ、私自身の「ご機嫌よぉー」と「またねー」「元気でいようねー」との「挨拶」は、知ってるの その「挨拶」の為の、暮らし方には、コツコツと丁寧にを、モットーにして来たのょぉ それだけっ 

そんな私も、あまりに経験が浅くて、驚いてばかりの時も多くてねー
そんな時に、私自身のご機嫌の取り方が解らず「円形脱毛症」や「突発性難聴」を引き起こしていた事は有るの
だから、多少の痛みは理解できるくらいかしらねー

解決策までは見当たらなくても、共感しながら聞く事は出来るかなぁ

それには「プロ意識」とか「プロの領域」と無縁なのヨ
辛かったり、悲しかったり、どうして良いか解らなくて、グルグル回りしながらも、誰に話して良いのかも、本当にこんな話を、人に話して親身に聴いてくれる人が居るのかしら??? って、思っていた時間は、長かった(と、感じていた)

だからこそ、うんうんそーだそーだと、聞いていてくれる人が、あの頃の私が必要だったの 今は、そんな人で居たいナ と、思ってるだけ(笑)

少しだけ聞いてくれたら、少しだけ「取り戻せて」動き始められるんだろーナ
と、思ってるの

面談でやるのは、イメージを近づけておく事

人はそれぞれに考えている事が違います。
ので、「あーなりたい」「こーなりたい」と思う「あー」や「こー」も思い描いている事が違うと、ドンドン「差」が出来てしまいます。ので、時々会って、色々と話してみる事は、とても大切なのです。
その時に、グチばかり言われてしまうと、聞く私の心もなえてしまいます。
「人生設計図」の為の「面談」で、それには「お金」と「時間」という図り易い「ものさし」で「共通イメージ」は作りやすいのですが、どーも「それだけ」では「画一的」過ぎてしまうので、最近は特には「イメージ図」を描かなくなり・・・描かないまんまのお付き合いにしてしまいます(笑)

資格があっても、ファイナンシャルプランニングを、イメージ図として使わない私の「面談」です(笑)

起業当初より、大きく変わった私自身の「人生設計図」只今、記録更新しながら、ドンドン変化の真っ最中
ちょっと反省しながら、久しぶりに創ってみるかな

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く