ライフスタイル

いざというときのためって・・・知っておきたいネ でも、何のため?誰の為??

毎月届く業界誌
↓↓↓↓↓

という事は・・・FPさんの為です。

という事で、ペラペラ読みながら、世の中の事知ります。

 

 

IMG_6155

で・・・今回の「リスクマネジメントのための年金」については
事務所近くに有る、年金事務所に行って、情報収集

しません!!(笑)

 

 

年金事務所には、お客様の届けに関する「書類」をもらいに行きました。

こう言った、業界誌やお役所の情報誌にも

たった一人のために「ピッタリ!」は、有りません。

いくつかのパターンに「当てはめながら」「照らし合わせ」しながら
現時点での「ピッタリ」を探します。
しかも・・・「制度」に関しては、色々と変化をします。
(から、ややこしくもなります)

ただ、今の制度を知る事
そして、今の時点で、どう所属するのが「ベスト」なのかは
自営業者としては、有る程度、選択の幅を持つ事は出来ます。

 

 

 

IMG_6150

風が強くて・・・
IMG_6151

書類をもらう為だけですが、桜並木を眺めて歩きました。

IMG_6153

IMG_6152

IMG_6154

はらはらと舞い落ちる「さくらの花弁」を踏まないように歩いていると

目的以外の、ご褒美をいただけているようで、心が弾みました。

まだ、誰にも踏みつぶされていない、さくらの絨毯、綺麗でした。

 

 

あっ 本題に戻ります。

IMG_6159

あくまでも・・・現時点です(笑)
年金の制度は、お若い方にとっては・・・気が遠くなる程遠い未来
私達60歳を過ぎた者にとっては、現在進行形

IMG_6158

はい、このポイントおさえて・・・も・・・・・予測不可能
制度の変更は、アドバイスする者としては、知っておく必要は有り有り

IMG_6157

やはり、知らないよりは知っておく必要はあります。
あくまでも、アドバイスする立場として

その上で、私は事業者の方々には、声を大にして

かせごーーーーーー

 

遠慮無く

かせごーーーーーーーー

と、言います(笑)

 

 

かせぐ事、配る事に躊躇していては、なりません。
それが、経済の終息に向かうからです。

経済=経世救民

 

私に出来る事しよーーーっと

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く