ライフスタイル

いっぱい光が入る台所

奈良サロンは、中古物件でした。気に入ったのは「ここ」です!! 一階のオープンキッチンもですが、普段私達が使っているのは、二階のここです。

一階は、保健所の許可の為に二層式に変えましたが、大きなシンクがあります。
私達の人生の中で、最高に大きな冷蔵庫を買いました。
10年以上になるので、表面に貼ったシートが変形しています(笑)
ここにだけ、テレビもあります。あまり見ませんが、こちらも年数だけは経ています。

一番大切な場所なので、一番綺麗に整えています

アラン秀俊さんと二人の時間が、穏やかに健やかに過ぎていく事を、何より大切にしていたくて、台所には、しっかりと「思い」を込めました。
台所が南向きで、明るい光がいっぱい差し込むのです。昔の家のイメージでは、暗くてジメジメした場所が、付きまといますが、私達の台所は、明るくて清潔な場所なのです。

似つかわしくないくらい大きい

いつかは、手放す事になるかもしれない!! 奈良サロンを創った時には、考えてもいませんでした。それが、アッという間に、沢山の人に使ってもらえて、沢山の人を喜ばせてくれました。今は、アラン秀俊さんの「心臓の手術」に向けて、少し静かになっています。それでも、いつでも活躍できるように「待機」してもらっています。私達二人だけの暮らしには、大き過ぎますが、きっとまた、いっぱいの食材が入り、大活躍する日が来ると信じて、暖かな季節になると「料理教室」が出来るように、色々と準備と妄想は繰り返しています。

男子厨房に入って、大活躍する!! そんな常識が当たり前になる、アラン秀俊さんの活躍の場所です。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く