ライフスタイル

いつもいつもお楽しみ事をぶら下げて生きる

たぶんもうそんなに長い時間は生きられない、人生の半分以上を生きたシニアな私達です。仲良く一緒に、楽しみ事を味わって生きていたいので、いつもいつも目の前には、お楽しみ事を散りばめています。そんな楽しみ事は、生甲斐になり、生きてる感満載の日々を与えてくれます。

自分の為の生き方、自分の活かされ方は自分の手の中

若い頃には感じられなかった朝の目覚めの感覚です。とても清々しい気持ちで迎えられます。そしてそんな日々の方が少なくなった分だけ、苦しみからは避けていたくて、楽しみ優先にします。それでもネ 実はネ そんなに長く感じていない63年(これまで生きた時間)なのです。というのは、そんなに苦しい時間では無かったという事なのです。色々な事や物に恵まれた中で、生きてこられたという事なのです。
なのに、私は恵まれた私の人生を、もっともっと楽しんでいたいと思っているのです。だからこそ、余計に私の後ろを歩いてくれる方々には、こんな風に人生を生きて、活かされるのは、すごくすごく仕合せなんだよーーーって実感しながら、暮らしていただきたいと思うのです。特に、今を精一杯に生きている方々には、その積み重ねた日々が、貴方の将来への道を明るく照らしていてくれるよーーーって、応援していたいからです。

実際に暮らした日々からの学びばかり

60年以上生きて、40年以上一緒に暮らして、時代の変遷も少しは見てきて、その中での反省点を、今を精一杯に暮らしながらも、どう生きていっていいのか?と、ほんの少しの迷いが有る方々に、私達の生き様に共感していただけて、私達から学びたい!! 私達と繋がっていたい!! と、言っていただける方々との「仕合せな関係性の存在する共同体」を培いながら暮らしていたい!! その為に「出来る事を、出来るだけ」の「ものさし」を忘れずにして活きます。二人で生きる「約束事」と、周りと一緒の「約束事」と、地域の中での「約束事」の「和」を知って、認めて、忘れない!!

今度は見慣れた瀬戸内の景色を船上から

子供の頃、フェリーは苦手でした。四国に渡るのはフェリーでしか渡れず、たまに乗るのが、実はとても嫌でした。それが「瀬戸大橋」が出来て、四国がとても近くになって行き来し易くなりました。大人になっての、四国以外に渡る長い時間のフェリーの旅は「夜」暗い内で、しかも「寝て過ごす」でした。が、今回は、インターネットで見つけた【昼の瀬戸内感動クルーズ】に申込みをしました。約12時間、私を育んでくれた瀬戸内海を眺めながら、二人で過ごします。

船内でも、色々なイベントがもようされます

きゃーーーーー楽しみだわぁぁぁ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く