ライフスタイル

いつも新鮮な驚きの中に居るには

いただいてきた小さな命を育む

小さな出来事に一喜一憂していられる、そんな自分自身で居る事が嬉しい。目の前の小さな発見、小さな変化は、いつか大きな変革の元になる。そう信じて日々を暮らせるのは、とてもとても仕合せな事です。ふと振り返ると、信じられないくらいの事が実現できていて、子供の頃に夢見ていた「人が宇宙に行く」「歩く歩道が有る」「遠隔操作で電化製品を使いこなす」「携帯電話で話す」が当たり前になってしまっている。そんな時代に、改めて、足元に生きる植物の「芽」を見つめてみると、じわぁ~~~~っと込み上げてくる生きてる実感。なんとも、有難い暖かい心が有る事を知ります。

感謝の心ほどでも無い、当たり前に感動出来る暮らし方

心臓に病を持ち、以前ほど自分自身の体力が無くなったのに、観る景色が新しい色に観える。聞こえる音が心地良く響く。頬に感じる風が柔らかく包んでくれる。草や木々の香りが身体中に染み渡る。口に運ぶ食べ物をゆっくり味わえる。今、やっとそんな事が、私の周りに有る事に、じっくりと向き合っていられる。
それでも、明日行く先に、着ていく服を選び、靴を選び、アクセサリーを選び、自分の装いに意識を置いて要られるなんて、素晴らしすぎる。私の人生の中で、今が一番、私自身の為に生きていられる時間を過ごせています。

大切な人達に囲まれて、過ごす至福

家族も含めて、家族以上に近くに居てくれるお客様との関係性に、私だけの命では無い事を痛感させていただけ、私が心地良く暮らせる事を大切にしていただける思いやりのど真ん中で、暮らせ、こうしてそれを発信出来ている。観てていただけるのは、私を大切に思って下さる方々、私が大切に思っていられる方々。知らない事や、足りない事も補え合える方々と、丁寧に過ごせる時間を持てているのは、やはりお仕事をさせていただけているからです。私の得意や出来る事、好きを通じて、家族やお客様方の役に立つ。それが尊い時間の使い方だと、感じていられる今です。

誰が読んでくれるかも解らなくても、私の日々の暮らしを伝え続けるのには、私の今が、とても充実して生きていられるから

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く