うどの酢みそ和え

簡単ですから、うどの料理で、春を味わって見ましょう!!

春の香りいっぱいで、生で食べられるなんてね~・・・・・

そしてシャキシャキ感がたまらない一品です。

 (注意: 皮はきんぴら用に使うので捨てないでね。)

 

 

   材 料(4~5人分)

  • 材料:うど…………1本分
  • 材料:細めのアスパラガス…………5~6本
  •    (なければ、菜ばなの茎、又は春菊の茎)
  • 調味料:市販の酢みそ・塩・酢

 

作り方

  1. うどの産毛をたわしで取りよく洗ったら、4cm程度の長さに切り、厚めに皮をむきます。(皮はきんぴらに使うので捨てないでください。そして皮や細い茎もあく抜きと色止めの為に1度酢水で晒します。)
  2. 次に大きめのボールに水をはり、酢を2~3滴入れて準備します。
  3. 皮をむいたうどを、2mm程の厚みで短冊に切り酢水に晒します。(ただし、うどが太い場合は縦半分に切って短冊の巾を細くします。)
  4. その合間にアスパラガスをサッとゆでて置きます。
  5. 一度ボールの水を変えて、30分ほど晒したら取り出し、しっかりと水分を取り除き、みそで和えれば出来上がり・・・・・

※ アスパラ・菜ばななど緑のものを添えると綺麗です。

辛いのがいい方はからし酢みそをお使い下さい。

写真は盛り付け例です。

The following two tabs change content below.
アバター

永田秀俊(アラン)

菓子・食品のパッケージアドバイザー及び販売をしています。 奈良・学園前のSALON・DE・SUONAのオーナーで、野菜を中心とした料理を提供したり、料理教室やぱん教室を開催したりしています。 最近では菓子・食品(メニューを含む)のラボ(研究所)的な事も取り組み中です。
アバター

最新記事 by 永田秀俊(アラン) (全て見る)

レシピカード
公開日
オススメ
51star1star1star1star1star Based on 1 Review(s)
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く