ライフスタイル

お互いにかける言葉は「ありがとー」

あいだみつをさんが、毎日、私を観ててくれます。



何かにつけて「感謝の念」を深く持つ事に徹する為に、「ありがとー」と声掛けします。
いつもいつでも忘れずに、心に富めています。

私達自身の恵まれた「運命」は、全てが、私達に与えてもらえるのには、私達の力以上の「恵」があるのも、全てが与えてもらえているからなのです。特に「命」をねー

命の淵っこに坐った時から、特にそれを強く感じて、日々を暮らしています。

こんな時だからこそ、余計に丁寧に日々を暮らしていこうと思います。
ちっちゃな事こそ、余計に丁寧にねー

ざぁーーーっとしているようで、敏感なのです

常に数字の裏付けと共にです。それは私の方です。
ただ、アラン秀俊さんは、元々が営業さんだったので、利益に対する考え方は、かなりしっかりとしたシビアな考え方を持っています。

二人ともに、利益追求型ではなりませんが、全く考えずにの行動は出来ません。

「利」と「理」の相乗効果の接点については、常々意識の中に置きながらの行動です。
なので、特別な事など無くて、コツコツと丁寧にその「バランス」と「タイミング」を視続けています。
このあたりは、「数字」優先で解り易いので、絶対にもめる事は有りません。
もめ始める要因は、「思いの丈の差」だけなので、先ずは「声掛け」は大切なのです。
ただ・・・長く暮らすと、そこが一番の食い違いを生みやすいので・・・かける声に気を付けます。

かけられる声が、良い言葉の方が嬉しい

だからこそ、かける声に気をつけるのです。
まぁまぁめんどうな・・・いえいえ当たり前の事です。
そしてもそれが中々出来ないのです。家族の間合の距離の取り方が、難しくなりガチなのが、そういう日々の当たり前についてなのです。

息子達を育てる時にも、何より一番大切にしたのが「声掛け」です。
しかも、かけた言葉に条件反射のように出て来るように(笑)

ほんの些細な事が「気」にかかるので、周りに笑顔が増える為にが、居心地の良さに繋がる私は
やはり、言葉の使い方や意味にこだわり、ちっちゃな声掛け(挨拶も含めて)に、心を置きます。

いつもいつでも、丁寧で、笑顔で居られる「言葉」の使い方をしていたいなぁー

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く