ライフスタイル

お仕事してるのに、ご新規が無い日々が、誇らしいと思える至福

久しぶりの参加でした。「尾鷲の魚会」

主催者の若者は、私の「お金の塾」の生徒さん(もう、10年以上前の)です。
そして、私の入院を聴いて、いの一番に私の顔を観に来てくれたお方。
何とか、予定を合わせ、いつもお世話になっている方々をお誘いして、アラン秀俊さんにも声をかけて、出かけて行きました。

私は「参加費の集金係り」として、持ち分をおうせつかり、一緒に行ったお客様に助けられ、無事に任務完了しました。

 

 

 

楽しい場の雰囲気にどっぷりつかる

少し離れた所から、場の空気に触れているのは、やはり心地良い。しかも、お誘いした方々が、周りの方々に溶け込んで、楽しく歓談しながら、美味しいお魚を食べてる姿は、最高に仕合せな気分になれます。

「人と人のご縁が繫がる」というのは、こういうコト、しかもそこには「温かくて柔らかい空気」で満たされている。そして「美味しい食べ物」が、更にその場を盛り上げる。「人間の生きる基本中の基本」です。

気付くと19時から始まった「イベント」は、日付が変わってしまっていました。

そこに居て、何故か写真を撮るコトも無く、過ごしてしまいました。本当に、ドップリでした。

見知らぬ人々との「始めまして」より、久々にお目にかかる人との「お久しぶり」に、心が和んでいました。

 

慣れ親しむ間柄を、仕合せと思える過ごし方

初めてお連れしたお客様が、自己紹介をされているのを聴き、そのお方の発する「言葉」に、興味を持っていただけ、続いての「お約束」がされていた傍らで「目を細め」ておりました。そんなお方が、その場をとても楽しんでおられ、最後の片付けまで一緒にしてくれ(その時点で最終電車に乗れないのは承知)、アラン秀俊さんとお見送りをして、夜のドライブを楽しみました。

このお客様とは、もう6年以上のお付き合いです。そして、このお客様も礼儀正しい若者。当然、会の参加の方々も、礼儀正しい方々ばかりです。

 

 

一人との縁が、繫がりを持って広がっていくのです。場の空気の中で、豊かな人と人の繫がりが出来て行くのです。
今回お連れしたお客様、実は次の「講演」のお話をいただけていました(笑)

お仕事は、仕合せから生まれる。「仕」と「仕」を合わせるの現場に居合わせた訳です。意図していなかったけどネ

仕合せの定義は、めぐり合わせ。ことの次第。始末。全てが良しに運んだ昨日でした。

 

 

まぁ~~~でも、一番はこのトレトレのブリ様です。美味し過ぎて、次から次への「料理写真」写せませんでしたぁ(笑)

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く