ライフスタイル

お客様の家族の諸々の「お金」に関わっていられるのが、私の仕合せに繋がる

岡山から、実家の有る児島まで
こんな電車に乗って来ました。
ほんの少し、ワクワクしていました。

 

 

 

40年前、遠くに嫁いだ私です。
その頃、生活の「お金」は、アラン秀俊さんが稼いでくれていました。
ので、なぜかそれを使うのには
とても沢山の「余計な気」を使っていました。
↓↓↓↓↓
どこか「お預かり物」という気持ちがあったのだと、思います。

一度も、こうしろ!
と、言われたコトも無いのに
何故か「預かった財布」という感覚が強くって
「家計簿」をつけて、集計して、次の年の「予算」を立てて・・・等々(笑)
毎年、年末には集計して、お正月には報告と予算承認していました。
↓↓↓↓↓
アラン秀俊さん、たぶん・・・上の空だったと思います。

結婚前の実家では
「家計管理」は、母の役割
もちろん「事業のお金」も、母が管理をしていました。
そんな母の姿を見ていたので
私の中では、アラン秀俊さんが稼いだ「お金」は、アラン秀俊さんのモノ
だと思っていたのも、当たり前といえば当たり前でした。

実際、嫁いだ永田家でも、義母様がそうされていた・・・ハズです。

 

 

ただ・・・結婚前から、「お金」に関しては

「使うモノ」であって「貯めるモノ」では無かったのです。
↓↓↓↓↓
それは、今でも変わりません!!

なので、今でも「要るお金」の「集め方」に対しては
すごく意識を置きます。
「貯める」という感覚よりも「蓄える」という感覚の方に
意識を置いているので

それは「何のため」に「いつまで」に「いくら」要るの?

に、なるのです。

↓↓↓↓↓

これが、世間で言う、ライフプランの考え方の基

特に「大きなお金」に対しては、その意識も強くて
「子供たちの学資」や「住居」の「お金」の準備を考えた時には

一人より二人で稼ぐ!!

時間が味方をしてくれる!!

子供たちに「手」がかかる時期=専業主婦

子供たちに「目」をかける時期=パート勤務&主婦

子供たちに「金」をかける時期=正社員勤務&主婦

子供たちが独立=起業

という風に、私自身の「お金」を稼ぐステージを変えて来ました。

起業当初、お客様はゼロで、資格はあってもどう「使う」か解からずに居た時
元来「道具の使い方」に対してアレコレ工夫する癖の有る私ですので
資格の「使い方」「活かし方」は、色々と工夫してきての「今」です。
↓↓↓↓↓
それに関しては、モデルパターンが無かったので、良かったです。

そう、やりたいように出来るからです。
(変わりに、責任も全て自分にかかってきます)

その分、経験を重ねるまでに、時間がかかりました。
沢山の失敗もしてきました。
(お客様とのお付き合いについてです)

 

それがですヨ
先日、私の「お誕生日のお祝い」をしてくれたお客様のお母様が

IMG_9911

全て手作りの「栗三昧」
栗おこわ&栗きんとん&栗の渋皮煮
すごく沢山の「手間」をかけていただきました。

お呼ばれしたのは

IMG_9892

こんなモノが置いてあるお店で、美味しい「ひつまぶし」です。

IMG_9893

思わず「手」を合わせました(笑)

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く