ライフスタイル

お客様の素直な姿に惚れ込んでいます

私は常々周りに「ハイ」か「イエス」よと言います(笑)
起業家としても素直に真っすぐに育っていただく為には、ある程度は「ガイド役」を務めながら、前だけを見据えて動いていただきます。←かなり「強引」です。
ただ、この時には、お客様の「やりたい事」が「世の中」に受け入れられるように、現実と合っていて、前進出来るようにの「サポート」には、目いっぱいです。そうすると、三年くらいで「自立可能」には育ってくれます。←かなり「現実的」に数字を視ていきます。

お客様の起業家としての成功は、起業家育成人としての、私の成功でもあります

ので、かなり慎重に、しかも大切に育てます(笑)
最初の一歩は「慎重」にが鉄則ではあります。そして、次々に進めていくには、かなりの「信頼関係」の構築が出来ないと、「育成係」としての、私自身の「やる気」も続かなくなるからです。

起業当初の三年に「ハイ」か「イエス」で、私から身につけてくれた事は、そのお方の「財産」になってくれると信じています。

しばらくは、目が離せません(笑)←過保護すぎるのかなぁとも思います。
それでも、しつこく見張りを務めてあげないと、色々な「影」が襲い掛かります。この「影」を「不安」と言い、どのような形で襲ってくるかは、人其々なのです。そして、その「対処」の仕方も其々です。←この辺りは、私達にも経験があったので、それなりに対応が出来ます。し、こういった事を続けて来たので、ある程度の「経験の蓄積」も出来て来たからです。

やはり経験に勝る知恵は無い

私自身は「負け無し」を提唱していて、「勝ちパターン」などは考えていないのです。かなり「慎重派」だからです。そして、私の関われる方々には。日々の生活が基本になっているので、「基本生活」が護れない起業ならば、そもそも始める前に「不安」と向きあう「粘り強さ」が欠けていると、難しいと考えるからです。

「勝ちパターン」よりも「無失敗パターンの負け無し」を選んでいるのは、私自身が「怖がりの小心者」でもあるからです。
そして「会計」と「家計」の両方を見据えての「事業の可能性」を観ているのです。

本日、2020年12月17日、新しい産声が聞こえます。本物の人間の赤ちゃんでは有りませんが、大切に育てます。良い子でいっぱい

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く