ライフスタイル

がたしがわたし

禅問答のような(笑)
禅の世界など、全くもって知りません。それでも「生きていく上で必要なのは」やっぱり自分自身に向き合う時間、自分自身に「正直」になれる時間、そんな時間を持てているという事は、恵まれているのだと、私が私を労わって、私が私を愛おしんであげられる時間を持てているのは、こうして毎日、他の方々にとっては、どちらでも良い事を、書き留めていられる時間が持てているという事です。

特に秀でた何かがある訳も無く、少しだけ頑固で粘り強いのが私だから、こうして続けていられるんだろーーナ

でも、それは中々「硬い」「固い」「難い」
出来れば柔軟でありたいナーと、思ってみたりはしますが、中々の頑固者、たまにトホホともなります。

それが私、何か

などと、「豪鬼」にはなれません・・・「剛毅」意志が強固で不屈なこと。でありたいと思いますが、私独りでは何も出来ないので、ついつい人に頼ったりもしますからねー

ええ按配を求めてしまうと、周りとの諍いのまっただ中になりそうで、自分自身に、注意喚起をしてしまう。やれやれな私です。

たまに凹んでみたりもします。結構ややこしして、面倒くさいのです(笑)
でも・・・周りの温かさに包まれていたいから、私自身を温めてあげて、私自身が温かな人でありたいナーには、近づけたかなって思います。
「温かな笑顔の有る場所」だいぶ近づけたなぁ~~~って思います。

もうすぐ、やって来る季節に心が弾む

楽しみです。奈良サロンの薪ストーブは、アラン秀俊さんが最初に倒れた時の「生き甲斐」になってもらいたい一心でしたが、今では二人ともの楽しみになりました。

守ってもらえてる事に「手」を合わせて、天を仰ぎ、足元をみて、しっかりしした一歩を踏み出す。

お参りさせていただいた

静かに歩いていると、玉砂利を踏む音だけが聞こえる、厳かな心地良さを感じていました。これから起こる事が、どうあっても、ドンとして迎える準備が出来たように思えたワ

冬に向かっているのに、心がワクワクと弾んでいます。きっと待ってた「何」かが動き始めた「息吹」を感じているんだろーーナ 楽しみ

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く