ライフスタイル

がんばらなくてもやれる事

それは、やっぱり好きな人や事と繋がれるかなっ
毎日、エブリディハッピーって、簡単では無いヨ
それをネ 楽しんでいられるか、面白がっていられるかで、人生の「質」が上がって、気が良くなって、仕合せ感が溢れてくるんじゃないのかなぁ
って、シミジミ思います。やっとねーー

教えてあげるより、やらせてあげる

これまで数年やってきた教室の幕を閉じて、来春からは「寺子屋」を始めようと思いついたのは、やっぱり実績を積んだから言えるんだナ~~ そして、何故長く続いたのか、考えて見たら、やっぱり義務感に苛まれながらは、続かず、特に「社会人」になってからは「時間の制限」を受けながらも、自分で「稼げる」ようになり。色々と選択肢が増えたから、余計に迷いが増えたんじゃないのかなぁ~~~って感じる事も多くて、だったら「迷わない」「迷わせない」のが大切なんじゃないのかしらって思ったのよー

皆で創り上げる感覚を持つ

実社会で生きて来た事を、再び「体現」して生きるのは、大きな変革の流れが始まっていると気づいたからです。私達が結婚して43年、知り合ってからだと45年経ち、世の中は大きく変わりました。そんな中で変わらないのは「人の情」です。←少なくとも、私はそう信じています。そんな世の中で「生きやすく暮らす」を実践していくための「寺子屋」なので、だれが「先生」でもなく、だれが「生徒」でも無い、「課題」に沿って、入れ替わりが出来るようにします。

まだまだ構想中ですが、少しずつ「形」が見えてきました。形が見え始めると、説明もし易く、納得できて動き始められます。春が楽しみ

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く