ライフスタイル

きっと、甘やかしなんだよなー 甘さには目が無い

元々の性格なのか、私自身が甘えていたいのか・・・いずれにしろ、放置できなくて・・・指導者的な立場にはなれないんだなぁーを痛感します。

それならば、ある程度の所までは、一緒になって「やってみよー」と、掛け声かけかけ行程を歩いてみるようにします。←ついぞ「乳母的」な、一面を出してしまいます。
それを、やり過ぎに気づくのには、そんなに時間がかかりません。そこからが「スタート」だと思っているからです。 ついつい、余計な事をやってしまいガチです(苦笑)

本当に「人それぞれ」だと思います。何かの「例」に当てはめて、画一的に創り上げられないのが「人生設計」なんだと、つくづく感じます。そして、その一端を担おうとしている事が、あつかましいコトだと感じます。

想定外の出来事にでも、対応は要るゾ

今回のコロナという「はっきりとした正体」の見えないモノに恐れながらも、生きる営みから外れる事は出来ません。そんな中で、出来る事を考えて行動するには、「世の中の調和」のバランス感覚を養う事は、何よりも大切です。

ちなみに、調和って、全体(または両方)が、具合よくつりあい、整っていること。そのつりあい・整い。 

私自身が、それをしている事が、こうして書き綴れているのは、とても誇らしくて、喜ばしい事ではありますが、基礎疾患を持っている以上、余計に「基礎体力」と「免疫力」をあげて暮らす事を、重点項目の筆頭にしておかないと、その継続は、出来ません。

色々な事に、まだまだ様子見ですが、良い方向に向かいたいだけ



人が来なければ、来なくて、出来る「何か」を「探って」みよう!! もしくは、その間「待とう」
「調和」に向けて、工夫を凝らそう!!

私達は、まだまだ諦めなくて、工夫が出来ます。穏やかに暮らせる工夫を凝らそう!!

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く