ライフスタイル

こじんまりと仕合せ感に溢れて暮らす

大胆な事など出来ません。だからと言って、物静かで「おしとやか」な人にもなれません。何かにつけ「中間」です。あくまでも「中」が落ち着きます。
平均的な、一般的なという言葉よりも、「個」は持っていたいのですが、突出した何かを持って「際立つ」は、苦手です。あくまでも「日本人」なんだろーナ

懐かしさの中が落ち着きます

綺麗という言葉が好きですが、決して煌びやかな綺麗さよりも、清潔感の有る綺麗さが、落ち着きます。コトが向かう先は、いつも「落ち着くコト」です。
何かに触れて「落ち着く」は、安心して、ゆっくりとしているコトで、それには「懐かしい心」が存在していて欲しい。なのに、椅子の暮らしが「楽」だとも思い。日本茶も良いけど、珈琲&紅茶も良いなと思います。
色々な価値観の中で暮らしていられ、争いごとが少なくて、穏やかな空気の流れる中で暮らしていたいのです。だからこその「管理」が、私の役目なんだろーーーなとつくづく思います。

管理=マネジメントが得意なのは、バタバタしたくないから

日々が穏やかで有るには、慌てたり、焦ったりしなくて良い「準備」が要ります。準備不足で、それを迎えるのは苦手です。そうならない為に「何が要る」を考える事を始めてしまいます。それが私の「性分」なのです。
来るべき「何か」に向かって準備する、会社経営も家計管理も「継続」には必要な「作法」で、その中に「日本人の心」を混ぜながら「競争」の少ない「やり方」を薦めます。それには「独自性」という「個」を大切に、育んでいたいのです。

その為に学び続けます

穏やかに生きるに要るお金について、学べる為に

プロ意識の為には、世の中の流れの中での「あり方」を見つめる為に、学び続けます。生きるスイッチは、いつもその事に強く押されています。

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く