ライフスタイル

じっと支えるって、難しいなぁ じっと待つなら、出来るかなぁ

いてもたってもいられないのに
何もできない… どうしようもない…
もう打つ手がない… そんな時が確かにある。

はがゆさと無力感に苛まされ
自分を責め 運命を恨み
諦めと心残りの狭間にもがき苦しみ
もう何も嫌になったと思う時でさえ、

心に寄り添い思い祈ることは
続けていくことができるもの。

ただそれだけのこと
誰にでもできること

だけど、
それを しないことが多いのは
とっても残念な気がする。。。

そして また、
誰かが 自分の心に寄り添って
思い祈ってくれていることに
あまり気づかないことが多いのは
もっともっと残念な気がする。。。

********************
とあるお方の投稿を観た
私には、中々たどり着けないけど、少しだけは、ほんの少しだけは、解るように・・・なれたかなぁ

待つのは、まぁまぁ慣れているの

母親業をしていた頃に、息子達からは随分と鍛えて貰えたのよー
お蔭で、今の私のお仕事にも繋がったの

それでもねー 私もまだまだ精神性の低い人で、時々は子供以下だと感じる事もあるほどに、自我が強くて、柔らかくて優しいお母さんになりたいと思っても、中々成れなくて・・・ガミガミ言っては、自己嫌悪を繰り返しながらも、息子達の笑顔や寝顔に、反省したり安心したりの繰り返しをしながら、私自身を育てていた時代がありました。
そんな程度で、先の文章を書かれたお方のような、気持ちになった事も無く
どう考えてみても、恵まれた環境の中でしか、生きた事は無いのです。

だから、ギリギリがけっぷちを歩いた事も無くってねー

そんな私が「手」を合わせて祈るのは、ご先祖様の前←全ての命という意味です特に八月のこの時期には、多くの魂に、手を合わせて祈ります。
私に、この恵まれた環境を与えていただけているからです。
そして、諸々を信じて待つ事で、平穏がやって来ると思い、暮らしていられます。

私自身の命の淵に座ったからこそ

命の淵のあの時、意外と冷静に周りを観て、意外と冷静に頭の中が整理されていたと思います。これが、家族の時「父の時」「アラン秀俊さんの時」「長男の時」にも、意外と冷静でした。さすがに「長男生後三日目の時」だけは、驚きましたが、病院内だったので、「慌てふためく」というほどでもありませんでした。時々、私自身も不思議に感じる程、冷静なのです。

時が急を要する時ほど、やけに冷静なのです。私自身の様子を、私から離れて観ているのです。←だから、私は恵まれていると思えるのです。

せっかく与えてもらえた、恵まれた生き方が出来るならば、それを周りと一緒の喜びに替えられるようにする事を、お仕事にする。 中々良いゾーって思っています(笑)

もう少しだけ成長する為に

色々な場面に遭遇するように、他人様の人生に、寄添う事を、お仕事にしているんだろーーな
自分独りでは出来ない事、解らない事を一緒になって前に進めていく「人生設計図」を創りながら、喜んで居られる為にねー
それも、私の手には負えない事は、周りに助けてもらいながら、周りと一緒に

やっとここまで、まだまだこれから

もう少しだけ成長出来て、精神的にも落ち着かせられる為に、アレコレと修行しているんだろーーな(笑)

命の淵から、魂のレベルアップを目指して
ちょっとカッコつけ過ぎかしらぁ
もう少しだけ成長してみよーーー 良い経験を積ませてくれる事ばかりだからね
人生は、面白い!!

周りと一緒に成長出来るように、寺子屋すおなを開催します。
毎月第三水曜日と日曜日、すおな奈良サロンでー10時過ぎから

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く