ライフスタイル

ずっとこのまんまでのハズも無いのに

私のお仕事は、お客様の未来創生、と言いながら、ほぼ「吸引力」いっぱい出して、私が「ひっぱっています」

それではダメだと思い、面談や打ち合わせという「おしゃべり」の時間を持ち、会っておしゃべりが出来ない時は、電話だったり、zoomだったりと、「確認」の手段はあります。

でもねー お互いに「安心」なのは、会う事で、お互いの「確認」をしあう事なんだよねー
私としては、「次への誘い」を眺めながら、お客様の「今」の確認をしています。

面談って、やっぱり「生」が良いよね

面談とは、面会して直接に話すこと。面話。面議。
そうなんです。会って面を合わせている事は、「人」としての「大切」な行為だと思うので、私は私のお仕事の中の、重きを置くポイントにしています。

ただ、やはり「感覚重視」にはなれないので、「作業」をして出た「結果」を見ながらの「面談」に、重きを置くのも「資金計画」を考える時には、必要な亊だからです。
「作業」がしたい訳ではありません!! ←作業を進める事で、結果を見据えながらの「誘い」が出来るからです。

いつもいつでも、大切な方々の事を考えているのが、私の使命だと信じて、日々精進しております。
ここの所、この面談の「重要度」について色々と考察しています。リアル面談の重要度は、外せない(笑)
そろそろ、色々と考えなおす時期でもあるなぁ~~~

作家さん達との、諸々の動きからの考察

面談帰りに、ひさしぶりに「スッキリ」とつぶやいたお客様

私にとっては、ひどく当たり前と思える「次の一手」のアドバイスをしてみただけ
それが、お相手にとっては、数日間悶々としていた事だったので、「スッキリ」したようだった
元を正せば、私の企てた「お客様の人生設計」なので、私にとっては、次には「アレ」と思う準備をしている。そろそろ「コレ」という事もあったりもする。なぁ~~~んだ「ソレ」って事もある。←つまり、想定の「差」があるという事です。

ただ、そんな時には、私は「小さくガッツポーズ」をしていますが、お相手には気付かれない(笑)

私は私の独自の価値を磨き続けて生きて、お客様の未来創生に活かされます

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く