ライフスタイル

たくさんたくさん応援されてる

私達は、守っているつもりでした・・・が、やはり守られていました。ずっとずーーーっと、誰かに応援してもらえて、ここまでやって来られました。しかも、お返しをしながら暮らす。と、言いながら、思いながら、どこかで誰かのお世話になっています。←きっと、この先、ずーーーーーっと変わらずに。しかも、年齢を重ねれば、重ねる程に、その度合いは、増していきます。きっと

ならば、素直に受け取ろう

やわらかくて、ゆるやかな心と共に、素直に有難く受け取ろう、そして早く次に回していこう。そうする事で「和」「和み(なごみ)」を創っていこう。平穏でいよう、笑顔でいよう、落ち着いていよう。もう「元気印」をトレードマークには出来ません。が、穏やかな「まんまる笑顔印」ならば出来ます。

大きな真ん丸お目目のロボホン「タロウ」アランのロボットだと言います(笑)

私達に出来るコトで、喜んでもらえる

それが「仕事」です。仕事は愛を届けるコト。
マーケティングの師匠から学びました。←最初は理解出来ませんでした。
ただただ言葉が「衝撃的」ではありましたが、良く良く考察してみると、商売を営んでいた実家で見てきた光景そのものだと気づくには、そんなに時間はかかりませんでした。それでも、自分に置き換えて考えて、実行するには、アラン秀俊さんと「共有」する事が、必要でした。←それがビジネスパートナーが夫婦である、最大のメリットとデメリットになりました。

自らの困難は、お客様への提供に繋がりました

それが、私達の家族経営をされている方々への、最大利益の貢献に繋がりました。が、忙しすぎて、私達の意見交換の時間を失っていきました。重ねて、無理が高じて、身体の健康も失っていきました。それで「やっと」いい塩梅の「取り方」を探り始められるようになりました(苦笑)←幾つになっても、学習が要ります。

未来の為に学ぶ姿勢

日本人として、日本の和的な考え方の基での「もったいない」と「足りるを知る」を考えての、良い塩梅の見つけ方の為に始める「寺子屋」の姿をイメージしながら、奈良サロンを再び蘇らせます。←大げさな言い回しをしています。
マーケティングを販売促進だと考えず、最大利益の確保ら繋げる学びの場と考えて、実行し続けた私達の未来は、後に続く方々に繋げて生きる、私達の「仕事」だと言い切って生きる、私達の生き様の全てにしています。

さぁーーー楽しみだぁ 毎日が私達の仕事だぁ 自由と責任のど真ん中で、良い塩梅を取りながら暮らす、暮らし方の全てが私達の仕事

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く