ライフスタイル

ちいさな事に目が向いて、丁寧な事しか出来ないのが、私達のやり方

雑な生き方出来ません!! 雑なあつかいされたくありません。
不器用なわけでは、ありません。たぶん

ただ単に、丁寧に生きていたいだけだと・・・思うのですが・・・そこについては、二人共に「意見」が一致しているのです。だからこその「今の暮らし方」になります。
一緒に暮らし始めた頃は、「外」と「家」の役割分担がはっきりしていましたが、徐々には「二人で一緒に」が出来るようには、なって来ました。

生活スタイルに関しては、経年変化出来て来たのです。たぶん

生まれ持った気質は、変えられない

これは、何度ぶつかっても、何度話し合っても、解決はせず出来ず(笑)、強情なのはお互い様と、どこかで「相手」に向けての「はなむけ」とばかりに「尊厳」を持って、「譲る」もしくは「引き下がる」をしないと・・・と、思いながら、ガタガタモメモメしてしまいます(苦笑)

似てるから、余計にややこしい事も多くてねー ふぅ~~~

長く一緒に暮らしても、いくつになっても、いつまで経っても、この「ミゾ」は埋まらない!! それを、認め合ってはいます。たぶん

仲難しい、仲むつまじい

仲良くしたくて、一緒に居ますが、きっと「生涯課題」としてあるのだと、生きてる間中の「精進」の目標なのだろーーなぁと思っています(笑)

ちなみに、仲むつまじいってねー
間柄、気持ちのつながり、交わりなどが、隔てなく親密である。 親しい。特に、夫婦または恋人同士の男女のがよい、愛情が濃密である。と、書かれてあるのを見つけると、はははです。
喧嘩したい訳ではありませんが・・・難しいのです。←お互いに「我」が強い「面」を持っているからです。

なので、二人で居る時は「平穏」を目指しています。 やれやれ
というよりも、お互いの「専門分野」には、絶対に「口」を挟まない「礼儀」だけは守っています。←という意味では「プロ意識」の強い二人で良かったと思います。

職業意識を強く持っているからこその、生涯現役生活

それが裏目に出ないように、お互いの「見張り役」として、一緒に暮らしています。
というのが、今の現状です。そして、この暮らし方が、今出来る「最良の暮らし方」だと、自負しながら日々を暮らしています。

有難い事に、どちらかがどちらかに「寄りかかる」という状態では無く生活が成り立っているのが、「理想」に近い暮らしが出来ている事に繋がっています。

それでも、普段着で居るのが、エプロンかけて居るのが、落ち着く二人です(笑)

人生の大きな節目を、大袈裟に通り過ぎた二人だからこその、地味な暮らしです。だから、面白い(笑)

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く