ライフスタイル

ちっぽけなまんまで出来る事


自分の力を信じる事、それなら出来るかなぁーと思います。
どんなに微力でも、どんなに小っちゃくても、どんなに経験が足りなくても、そんな自分を愛でてあげる事、そんな自分を労わってあげる事、そんな自分を大切にしてあげる事、それなら出来ると信じて、自分自身を疑わないで、信じていてあげる事です。

その為には、信じている事を「人にいう事」です。
「信」という字は「人と言」ですもんねーーー

信念を持って、自分自身に嘘をつかない生き方、それなら出来ると思います。

その為に出来る事は、すなおな心でいる事

私達「人」は言葉を使える。それならば余計に丁寧に「言葉」を使おうと思う。
丁寧に・・・というより「シンブル=簡単・単純」に、思いの丈を、身の丈に出来るように、出来る限り「簡単」にして、どんな相手にでも「伝わるような言葉」にして、伝えよう!! それには、複雑に入り組ませなくて、専門用語など使わず、誰にでも「解り易く」に「互換変換」して「伝えよう」←ここに関しては、まだまだだと思うから、余計に心がけて「伝わるように」の為の修行中です。

どこまで研ぎ澄ませるかは、私自身の「心」の成長度合いかしらねー
色々なテクニックなど無くて、出来る限り「すなおな心」で、相手に接する事が出来るかだけなんだろーナ

そんな私自身の日々の暮らしを、喜びに満ち溢れた事に出来るのは、私自身。さぁーさぁー修行だよーーん
一緒に修行したい人、寄って来て

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く