ライフスタイル

ちびっこに「お金」の話をすると、面白いわ

英才教育しておこーーーかなぁ(笑)

ちっちゃな子に、新しい事(お金の事)を教えると、私自身の心が弾むヨ
やっぱり「ごっこ」から入って、実に繋げていくと、理解が早まるなぁー

まだ、小学校に入学する前の子供と「お金の話」をしてみた。
写真の子のお兄ちゃんだよーん

マンツーマンなので、どこまでの「理解」か、ちびっこの反応が観てみるのが、何よりも面白かった。
私のやってみたい事「金銭感覚を磨く事」からすると、このくらいの時から始めるのは、とても面白い!!
要らんすりこみが、まだまだ少ないからだなぁ~~と、つくづく思った。

性格や諸々の事情もありとは言え、数字への興味を持たせる為にも、これは中々面白い事だと、思った。

親子で一緒に教育を出来なくても、子供独自の金銭感覚を磨く事

の方が、要らん刷り込みが無いので、早く育成できるだろーーーな
なぁーーんて、妄想が膨らみ始めるナ(笑)

当事者よりも、心が弾み始めたのが私です。

周りで観ていた「親」は、私のお客様たちは、長年、四苦八苦して私が選んだ精鋭さんでもあるけれども、それはそれで「癖」や「刷り込み」が多くてねー
それ自体は悪い事では無いんだけれど、親より子の方が「育成」するには「素直な脳みそ」の分だけ、早いんだーーー
それに、いつも思う、人生の残り年数が多いからなぁーーー
と、ワクワクし始めたのぉぉぉ

またまた瓢箪から駒かしら(笑)

転んでもただでは起きない性分だからかしら(笑)
日々の私自身の経験が、まだまだ少ないからかしら(笑)
いずれにしても、可能性の枠を感じては、アレコレ妄想が始まっていて、楽しみ事が増え始めたわーーーん

ちびっことの時間は、私の育成係としての「魂」を揺さぶります。

良い子に育てる為に、何かしらの基本を身に着けさせるとしたら「金銭感覚」も、大切な感覚として育てておく必要があるんだわぁぁぁと、今更ながらに、私自身の「任務」を感じていました。

まだまだ生き甲斐を感じていられるのは、すごく仕合せだと思う
ただし、私にとってはどこの子も皆同じで、未来創生者の育成係

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く