ライフスタイル

ちょっとぉ・・・BCPって何なに何ぃ

好きを近くに置いてみる、好きを突き詰めると
手放せない大切なモノゴトに気づくなぁ~~~



人様の投稿を引用しながらも、私自身がひっかかったBCPって言葉について

BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)の頭文字を取った言葉です。企業が、テロや災害、システム障害や不祥事といった危機的状況下に置かれた場合でも、重要な業務が継続できる方策を用意し、生き延びることができるようにしておくための戦略を記述した計画書です。と、またまた引用です。

色々と調べるには、良い時代だなぁーーーと、つくづく思います。
ただ、実行出来るかどうかは、その人次第です。←ここ、案外重要です。

今回のコロコロ騒動では、そこにとてつもない力がかかり、負荷もかかりました

それを、良い事ととらえて、良い方向に向ける事には、一定期間ジタバタして、その後は静か目に、大人し目にして過ごしています。←これまでの私の「やり方&あり方」の集大成とも思っています。

はい!!  私自身の生き様を問われているんだと思い、私自身のこの先の創り方にも繋げていけると、信じていられる事に邁進していこうと、根拠のない「不」の中に沈み込む事をしないに決めました。
という意味で、後ろを断ち切り、「前しか見ない」を、今まで以上に強く心に留めました。

それが、負荷になる事は有りますが、その負荷さえも心地良さに換えて、私自身の人生の中に練り込んでいけるかどうかを、私自身に問いかけてからにしています。←ちょっと大袈裟ですが、その大袈裟を糧にしています(笑)

「周りと一緒に長く続く」為に出来る事に絞りました

まさしく「すおなスピリット」に基づいて出来る事に、ものすごく「焦点」を当てて考えてみた瞬間でした。

色々な「節目」には、私なりには、相当考え抜いて来たつもりですが・・・そこは「直観力」の方に重きを置いて、決めてからの「継続」が可能かどうかには、「検証」を続けて来たからです。←これが「やり方&あり方」なのです。

その「検証」に「寺子屋」を発想しました。
だから面白く、だから楽しいのです。
「寺子屋」の存在が、私自身の「生き様」の「検証の場」として機能するまでには、まだまだなのも、私自身がまだまだなのも、まだまだが「可能性」を感じさせてくれからなのです。楽しみに続けていけるのです。

事業継続計画(Business Continuity Plan)について触れてみて、つくづく私はお仕事が好きだと思いました。

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く