ライフスタイル

とことん「私の活かし方」を考えた一年でした

松阪のお宿でやるコトに「静かに勉強」を入れて動きました。

今回の「松阪の夜」は、クリスマスでした。
ので、毎回集まって行う「勉強会」は「家族の時間」にあてていただくコトにして
早々に「止める」を決定していました。

少し体調も戻ってきたので
「FP資格更新の為の勉強」をしようと、何冊かの「本」を持参しました。

が・・・一頁も開くコト無く、爆睡
早朝の面談までの時間は、「伊勢参り」をしよう!!
と、決めて出かけたのに・・・こちらも、撃沈

 

 

 

薬は飲んでいません。
もちろん、病院にも行っていません。
「重い身体」を引きずりながら、どーーーしても「やっておくコト」は
何とか、こなしながら
沢山の「予定」を、順調に済ませて、今日を迎えられています。

身の程を知る!!

は、私が「元気」で有るコトと、深く繫がっていきます。

62歳、生涯現役を決めて「無理は出来ない」

今年のテーマは、見事に最終コーナーでの「体調不良」で
自分自身の「身」を、賄うコトの大切さを痛感させてくれました。

仕事は、誰かを喜ばせる為にするコト!!

その仕事が出来る為に「やるコト」

とことん考えて、ここにたどりついております。

私は、私を犠牲にしない!!

 

 

 

 

新しい年を向かえる準備に余念は有りません。

お客様に「私をどう活かして使ってもらうか」
大きく投げかけた今年の最終コーナーです。

私自身の仕事の「質」は、格段に上がりました。

 

 

が・・・それが「お客様との気持の乖離」を引き起こしているコトも有ります。

そのまま「気づかれず」に、お別れをするコトも多く有りました。
お伝えしても、尚「ご理解」をいただけずに
お伝えしたコトが招いた「悲しい言葉」を聴く葉目になったコトも有ります。

それでも、私は私の「身」を大切に扱って行かないと
この「活き方」は、全うできません。

誠実が大好きな私の「生き方」だからと、自分自身を認めてあげながら生きています。

誠実度合いも、理解も人それぞれです。

私の考える「誠実」は、決して「私を裏切らない」です。

私自身の「心」と「身体」と「時間」のバランスを大切にして

私自身が「気持の良い状態」を保つ生き方が

質の良いお仕事が出来るコトです。

 

 

 

たとえば

IMG_0044

こんなコト

ラーメン店のお客様の所の「面談」のお伴

隣のコンビニスィーツと、コンビニコーヒーです。

「誠実」とは、こういう「真心」の有るコト

 

そして

IMG_0047

別のお客様のお店に飾ってある「庭の金柑」を写していたら

IMG_0048

大きさが解らないから、と言って写してくれた。
小さな「心使い」

 

 

IMG_0054

こちらのお客様は、事務員さんの「教育」に伺いました。
経営者さんとは言え、現場の有る時には、そちらを優先していただきます。

IMG_0055
家人留守の、ご自宅玄関、勝手に入りパシャリ(笑)
子育て中で、毎日が目が回る忙しさの中
「仕事の依頼が有る仕合せ」の中「稼げ!」の掛け声に、奔走していただきます。
現場の途中で、私が居るコト知ってて、会社に電話をかけてくれ
「短い会話」を、楽しんでくれました。

無理の無い「おつき合い」出来ています。

 

 

 

気遣いとは、私への「思いやり」
私は、私としてお客様への「思いやり」
この「キャッチボール」の上手く行くコトが
長続きの秘訣です。

さぁーーーーて、人との「時間」は、私をどう活かすのかナ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く