ライフスタイル

どっちでも良いは、どっちも無くなるよ

曖昧さが苦手な私は、けっこうな勢いで「エイヤー」と決めています。ただ、決めているのは「私だけ」、周りとの「和」を意識してしまうと、ついつい・・・我慢も出来なくて・・・「周り道」でも、たどり着ける道を探し始めたり、挙句の果てには、道を創り始めてしまう程の、強情っぱりです。というのも、私自身の「たった一度の人生」を、大切に感じていたいからなのです。

良く言うと、粘り強い!! とも言います(笑)

その為には、自助努力は要ります。もちろん、才能も(笑)←たまに、裏目に出て、ガクッと来ますが、都度立ち上がります。

私が私を丁寧に扱えないなら、その事には執着しないの

誰が為に・・・は、私の為にです。
でも・・・それを通すのは、中々難しいのです。「社会生活の一員を担う」という「使命」を感じながら、その事も重要なポイントになりますからねー

私が、私の「心」には、正直でありたいとなると・・・そういった環境に、私自身が近づいて行き、身を置く事は最低条件になりますからねー

「親」に護られていた時からも、「環境整備」という名の元の、場に身を置く「自助努力」と、「自己主張」の幅の存在には「意識」を置きつつ、軸足の存在と置き場所を考えていた、可愛げのない子供ではありました。

こんなお言葉に、ふとそんな事を思い出しています

まずは、私自身を喜ばせない事はしないの

心が平穏であり、身体が悲鳴をあげないように、その上で「出来る事を出来るだけ」、そう決めてからは、日々がとても充実しています。
そう思うと、自助努力の幅感は狭まって来てて、面白味が増してきました。やっと少し「自立」という言葉が近づいて来たのかなぁ(笑)

ただ、まだ一度も独りを経験していないので、「自立」も「自律」も出来てはいないと知っています。
生きている間中、誰かのお世話になり、誰かのお世話をしていく「循環」の中で暮らして生きます。
だからこその「環境整備」なんですもんねー

秋の良き日に、恵みをいただけてる事を知る

大きなお空と、大きな地面に支えられて、私の今がある事に、沢山の豊かな恵みをいただけています。
そんな暮らしが手の中に有る事に、感謝して、今に「貢献」出来る事だけに、精を出します。そして、私の得意分野を眺めてみると、とても面白い事が起こっています。

値上がり値下がりしながら動く「市場」を、どう感じているのか、調整される「力」に押し流されない為に、学び続けましょ~

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く