ライフスタイル

どんどん狭く、どんどん色濃く、どんどん近づく為に

私は私を楽しんでいます。

って、周りに同調するコトでも無く、周りを同調させるコトでも無く

距離感を大切にして、生きています。

いつまで出来るかは、誰にも解りません。

 

だからこそ、やり残しの無くて悔いの無い時間を生きる為に

心を大切に扱ってあげよう!!

のーーーーんびりと、ゆったりと、自分のペースで生きるには、惑わされないコト!!

と、言って「周りの状況や情報」を受け付けない!!程、のコトも出来ません。

そんな中、案外難しいのは「適度」を知るというコトです。

私にとっての「適度」は・・・実は、私自身でも、はっきりとコレってまだまだ表現出来ません。

なので、観察します。
はい、自分で自分をです(笑)

 

 

一旦は、決める「自分のコト」

その上で、自分の「物差し」を持つコト
その「物差し」は、他の人との「距離感」を測る為です。
そして、それを押しつけないコトは、絶対の礼儀作法です。

 

あっ  大げさなコト書いていますが
明日着る服や、明日のコーディネートを考えてる時間を、前日に持つ!!
って、ワシャワシャせずに済むし、焦らずに「その時」を迎えられる。
というコトです(笑)

少しだけの「余裕」が有ると、その時間を持っていられて、その時間を楽しむコトは出来ます。

 

私は、私の「好き」と「似合う」を、行ったり来たりさせながら
明日のコーディネートをします。

 

ちなみにコーディネートって
物事を調整すること。間に立ってまとめること。

衣服や装身具などで、色・形・材質をうまく組み合わせて、全体の調和をはかること。
そーーーなんです。
全体の調和をはかるのには、有るを知るのは、大切です。
知らないと、組み合わせや調和は出来ませんからネ
アイキャッチのコーディネートのテーマは「春よ来い」です

人様の人生に寄り添うには、大切な礼儀作法

「礼儀」って、周りに不快感を与えない為に必要なコトです。
そして、それが自分にとって苦痛に成らずに、身についているのが「作法」です。

 

私は、私の大切な方々の人生に寄り添わさせていただくのに
色々な意味で「深入り」をさせていただきます。
「深入り」していないと、出来ないコトだらけだからです。

そして、その「深入り」には「礼儀作法」の弁えが無いと、出来ません。

 

お互いにとっての心地良さが、はかれる技

その為に、私自身の技術を磨き続けています。
私自身を表現者にする為にです。

まだまだ修行半ば、まだまだ磨き続けて生きます。

「好き」と「似合う」の間を行ったり来たりしながらネ

 

 

 

そうそう、久しぶりに伺ったお宅では、数年前から「猫」を飼っていて

そのお宅に来た頃の「猫」は「警戒心の塊」でした。
それまでの「生き方」が見えるくらいにネ
その「猫」は、その頃に比べると、毛並みも良くてツヤツヤでした。

そして、何より嬉しかったのは
私がそのお宅に伺った「目的」がほぼ終ろうとしていた頃
私に近づいて来て、私の脚にくっついて来ました。
まるで「良く来たねーー よろしくねーーー」と、挨拶してくれたように

ほのぼの、ほんわりとした心に成りました。

お仕事させていただいてて、良かったわーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く