ライフスタイル

ひさしぶりに学友と過ごして、気付いたこと

しゃべり過ぎて、笑いすぎて、写真を撮り忘れました。

 

 

彼女達とは、18歳の時にめぐり合いました。

帝塚山短期大学の、家庭生活科の学友
というよりも、同じ「寮生」として、過ごした仲間。

生まれて初めて、親元を離れ
同じ「ご飯」を食べ
同じ「部屋」で寝起きをして
同じ「時間」を、沢山「共有」しました。

私にとっては、色々な意味で
「リーダーシップ」を発動させるコトを、許してくれ
どちらかと言うと私の中にあった「リーダーシップ」に
目覚めさせてもらった、良い時間でした。

 

 

沢山いた、学友(寮仲間)の中でも、とても長く続いた「関係」です。
しかも、会えばいつも
18歳のあの日に、戻れる人達です。

実は・・・・・・・・・・少し、ひねくれ者の私
「友達」は、要らない!
と、思っています(苦笑)

 

 

 

以下、グーグルの検索より引用

ともだち
友達

 勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。

なかま
仲間
 心を合わせて何かをいっしょにするという間柄をかなりの期間にわたって保っている人。
そういう間柄。


 

 

 

私にとって、彼女達は、まさに「仲間」
同じ時代を生きてきて、色々な「私」を知っていてくれる
何をどう考えて見ても、辛くて辛くて仕方の無かった時

わざわざ、私の為に時間を創ってくれ
たわいも無い「話」をして、一緒に笑ってくれました。

その時の私は・・・眉間にしわを寄せて
世の中の「苦しみ」を独りで背負い込んだ気分でした。

が・・・ふと見た彼女達「目じりのしわ」に

あぁ~~~~~

私は、大した人でも無いのに・・・「苦しみ」を勝手に背負い込んでいただけなのに
「犠牲者精神の塊」だったワ

というコトに気付きました。

毎回、会う度
私に、私の「過ぎた部分」を、気付かせてくれます。

足りないコトに「目」をやり、「気」にしていても

しあわせは、訪れません。

 

 

彼女達と過ごす「今」は
それぞれの「恵まれすぎた私達」の再確認の時間です。

そして・・・・そんな時間も

私は、彼女達に、私の足らずを補ってもらいつつも
彼女達に、我がままリーダーシップの「針」を向けています(笑)

 

そんな我がままを、笑いながら許してくれている、素晴らしい「仲間」

あなたたちが、私の中の「眠っていた魂」を、揺り起こしてくれた張本人

 

また、会おう!

また、食べよう!

また、笑おう!

仕合せで、居続けよう!!

image

image

image

image

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く