ライフスタイル

ひとくぎり

アラン秀俊さんの「心臓病」が秋に発覚してからの日々、私自身の身体も弱りながらの日々で、結構きつかったです。
それでも、何とか「ひとくぎり」がつけられました。同時進行でアレコレと、待った無しの人生です。起こる事柄を、良きに向けるには、向けられるだけの「原動力」が要ります。その原動力の大元には「人や事に対する愛」が要ります。

この人を選んだ、この人に選ばれた

仕事にしても、生活にしても、全ての人生は「人のモノ」「人在ってのコト」です。そういう「人」に出会えた事、そういう「人」と繋がれた事、全ての「ご縁」が、今の私達の「生き方」「在り方」を支えてくれています。
新しい歳の新しい始まりの日が、アラン秀俊さんの退院以来、初めての検診日だったので、ちょっとした「目論見」を持ちながら、朝から病院へ同行していました。

みくにきよみという人

あまり詳しくは知りませんが、ちょぅど私達の年齢の間のお方です。
病院の検診結果良好を聴いてから、アラン秀俊さんには内緒で、ランチの予約をしました。もちろん、私自身も楽しみたかった(笑)

ゴージャスな空間
ノンアルコール
アラン(笑)
ミシュラン
食器
お口取り

二人でこんな素晴らしい日が向かえられた事、きっと一生忘れない。

信じて待ち続けた日々は、素晴らしい日を迎えさせてくれた。これからも、穏やかな日々を暮らそうっと

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く