ライフスタイル

ひとすじの光が見えて来た

素敵な言葉をいただけた。私のお仕事には「かたち」の無い「情報提供」であって、その情報を提供するだけで無く、「実行援助」をします。と言って、金融商品を売る事が、実行援助ではありません!!←キッパリ
無責任に「背中を押す」だけでは無くて、特に「文言のややこしい書類」には、皆様「苦手意識」をお持ちです。そんな時、私がするのは「通訳」であって「理解しやすいように説明」しながら「書類作成」の傍らに居る事なのです。
「書類作成」が目的ではなくて「出来た!!」という達成感とともに、「変化していこう」と思い始める「姿勢」を創り出す事です。

一緒にやってみたら、どこで詰まっているのか解る

現場主義の私達です。と言うか、元々が「現場」からなので、現場の事は「熟知」しています。それでも、ここ数年の「変化の兆し」には、目を見張るモノもあります。しかし「現場」を離れるコト無く、現場を見続けて生きてきました。
その「現場」が「何の現場」かというと「生きる活きる現場」です。それに必要な「お金や経済」のコトについて、アレコレ考え「選択」の連続をして生きて来ました。その「現場」の傍らで応援していると、どこが「詰まっている」のかも、人それぞれなのです。それについて「批判」は出来ませんし、しません!!←かなりキッパリと

比較検討よりも、取捨選択

私の扱う「お金周りのアレコレ」って「数字」で表せるので、比較検討しやすく感じられますが、比較検討の「材料」や「本質」を間違えてしまうと「本末転倒」になってしまうのですよー
それならば、先ずは「取捨選択」をしておいてからにしておいた方が、スピートアップしやすいのです。
その為にするのが、ミーティングです。難しさを紐解く作業でも有ります。

書類屋ではありません!!

私自身は元事務員(事務のプロ)として、お金をいただいていたので、事務作業は超得意技です。面倒な事や細かい事には、スイスイと答えを出します。が、実は、専門の書類作成には「資格」が要ります。例えば「税務申告は税理士」です。そして、私の資格「ファイナンシャルプランニングの懲戒規定」には、その領域を汚すなかれと、細かく色々と記載されています。ので、代わりに承って作成は出来ません!!←ここも、かなりキッパリ
ただ、経営者さん達が、ご自身で作成されるののアドバイスまでなら、出来ます。という曖昧な立場ではありますが、昔取った杵柄で、難しい文言の「読み解き」は得意です(笑)

苦手意識が減って一歩前に進めたら、少しは解決に近づけるのかしらぁ こんな時期だからこそ、一歩前に向かって進んでいただきたい!!

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く