ライフスタイル

もものぱすた

アラン秀俊さん、たまにご依頼をいただけて、アランチ会を開催されます。

春の「いちごぱすた」と、夏の「ももぱすた」ルンルン
このセンスは、最高ですねー とても敵いませぬ(笑)

という事で、他のお方から頂戴した「もも」のアレコレ

桃の主成分はショ糖と呼ばれる糖質になります。糖質といっても…1個 約17.8gと、あんなに甘いわりには、低糖質なんです。カロリー的にも1個 約80kcalと、意外と低いんです。食べると直ぐにエネルギー源となりますから、夏バテ解消や、疲労解消にも有効なんですよ。クエン酸やリンゴ酸などの有機酸も、たくさん含まれています。カリウム、ビタミンB1、B2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類やナイアシン、ペクチンなども含まれています。ビタミンCの抗酸化作用で老化防止が期待でき、東洋医学的には、桃の果肉は不足した体液を補って、お肌に潤いを与えてくれるので、肌を若返らせることができる、とも言われているんです。カテキンやケンフェロール、クリサンテミンというポリフェノール類を含んでいて、特にクリサンテミンは、内臓やお肌への抗酸化作用が強いと言われてます。

アンチエイジング効果が嬉しいですね。

ミネラルはカリウムを多く含んでいるので、血圧を下げる作用があります。それ以外にも…水分代謝を促してくれて、むくみ改善にも効果的なんだそうです。中国では桃には多くの薬効があることが、知られていて、「不老長寿の仙果」「長生の実」と言われて、紀元前1000年頃からすでに栽培されていた、とされているんです。不老長寿、長生ですよ!身体に良い果物の代表とも言えちゃいません?更に、「桃は身体を冷さない唯一の果物」とも言われているんです。良いところ尽くしじゃありません?古来より薬効が高い果物として知られていて身体にも、お肌にも良いとされる「もも」

これから、しばらくは「もも」の季節

ずっと以前は、父と母が「もも」を育てていました。嫁ぐ前に、私がもらって来た「苗」を育て始めたのがきっかけで、私が名古屋で、息子達を育ててる時代に、遠く離れた岡山で、ももを育てては、収穫したももを送ってくれていました。美味しいももを育てる事が、私の両親にとっての「元気目標」でもありました。「もも」には、特別の「思い」もあって、アラン秀俊さんが、美味しくて美しいお料理に、変身させてくれるのも、私の喜びに繋がります。

私にとっては、思い入れの深くて濃い「もも」は、私の人生の「ヒトコマ」には、欠かせないアイテムです。今月の寺子屋のアランチも、決まりだなぁ

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く