ライフスタイル

やっと二年、でも二年

私自身の「心臓」が悲鳴をあげていたのに放置(したわけでは無いけれど・・・)「まさかまさか」で、しばらくの間「我慢」をしていました。その我慢もこれまでだと思ったのは、以前から「もめない相続」のお約束をしていた「おじいちゃん」が亡くなった連絡を受けたからでした。

それでも、とっても「運」にも守られて、医療現場に命を繋いでいただけて、「緊急搬送(11月25日)」⇒「緊急手術(同日)」⇒「CCU」⇒「二度目の手術(11月27日)」⇒「CCU」⇒「一般病棟(11月30日)」⇒「退院(12月10日)」でした。 私の人生の「リカバリー」のスピードは、医療技術の進歩のお蔭です。

それでもねー 心配を列挙したらきりが無いの

アーでしょ コーでしょ アレにコレにソレに・・・諸々
だったら、せっかく救ってもらった命が輝けないに決まってる・・・でしょ
そんな生き方だけは、したく無いのぉぉぉ  絶対に!!

だから、私は残された私の「命」がキラキラと輝く為にだけ暮らそう!! って、決めたの
これまで以上に「やりたい事をやろう!!」「やりたくない事をやめよう!!」と、益々の我儘を通してみようと、決めたのー

我儘=悪い事では無くて、「我儘=我がまんま」としてねっ
周りが喜んでくれている事を、私自身の喜びに換えられる事だけやって、生きていようと、決めたのーー

そう決めた矢先に、またまたアラン秀俊さんの不調を見つける

やれやれ・・・・・・・でしたが、アレアレレ??? ひょっとしたら、神様は、私達二人に「共通の病」をプレゼントしてくれたと、考えたら、「自立」の意味の「再構築」が出来るのかも知れないゾー って、思え始めたのよーー

「相手の痛みを知って、かばい合える」カモ
って、ちょっと期待してみたけれど・・・そうじゃ無くって、「頑張り過ぎない!!」で「委ねる事」や「託す事」をしていく事で、やっと少し「周りと一緒に」が近づいて来たような気がします。

私自身が頑張り過ぎたり、踏んばり過ぎたりしていた事を、少しだけ「緩められる」ようになれたのかなぁ(笑)

自立には、自分を大切にする事が、絶対条件だわぁ

と、今更ながらに「深く」「深く」身に染みておりますです。←気づいて、良かったぁ
何か、とっても「無理」して生きてきたんだなぁーって痛感しています。
でも、そのお陰で、色々な事が出来るようにもなれました。
そのせいで、身体を壊してしまいました。ただ、全ては「命」があって、これからも、色々と経験が出来るんだと思うと、本当に恵まれた生き方が出来ているんだと思います。

生きてる事に、精一杯の感謝をして、私の事に期待してくださる方々と、一緒に生きられる事に、一日一日を丁寧に暮らします。

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    最新記事 by NagataYouko (全て見る)

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く