ライフスタイル

やっと少し、ほんの少し、だけどまだまだ

掛け声かけ掛け前進します。「要る」と「欲しい」の間で悩ましい思いをする事は無くなりました。
が・・・まだまだ「煩悩」の中に居て、時々自分自身を諫めながらの日々の暮らしです。

というのは「好き」に傾きが強くて、中々捨てられなくて、コレクションが多くて(笑)

「靴」「帽子」「入れ物」「アクセサリー」諸々な「身を飾るモノ」が好きで、売り場でそれらを眺めていると、ついつい(笑)
シンプルな暮らし方をしていたい!! と、言いつつです。
時間が有ったら・・・いえいえ、時間は創ってでも、眺めに行きたいのです。
「手造り展」とか書いてあると・・・「文字」にさえも惹かれてしまいます。

そんな我儘者だと思う私に、良くぞっ

どんな時にも、私が私の最善を尽くせる方々には、少しだけ「傾向」があって、その「傾向」は、我儘者の私が選ばせていただいています。←すでに、この時点で我儘です。
「好き」と「嫌い」のはっきりとした私は、お客様さえも「好きで居られるお方」にしています。

厳しめのアドバイスにも、「はい」と「いえす」を出せる人と、表現していますが(笑)
私を信頼していただけるお方を「特別顧客さま」として、お付き合いさせていただいています。

その周りに、アラン秀俊さんに選んでもらった方々に居てもらい、その方々の「小さなお困りごと」に、「問題解決の糸口」を探る為の「時間」と「意識」の「共有」は、させていただきます。←やはり、我儘者です。
沢山の方々と繋がっていられる程、器用では無いので・・・その我儘は、許してもらいます。
人其々に「合う」が違うので・・・「合わない」を見つけると、「合わせる」無理が出来なくなってしまいます。

贅沢なお仕事の仕方だと、思います!!

起業当時から、人の選別には「時間」をかけて参りました。まだまだ稼げない内からです。
そういう意味の「稼ぎ方」には、やけに「こだわり」を持っていて、誰からでも「お金」をいただくのが「プロ」では無いと思っているのです。←ここには、アラン秀俊さんとの「確執」もあって、呆れられています。

今になって思うのですが、私は私自身が「補助輪」の役割なので、そんな風に思うのかもしれないと、思っていましたが、そうでは無くて「好き」と思える方々から「お金」をいただき「本気」でぶつかれる方々に「プロ」のお仕事として関わりたい!! と、思っているのだと信じています。←かなり面倒な人です。

失礼の無いお付き合いを重んじるばかりに、このような仕様になったお仕事術

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く