ライフスタイル

やっぱり悲しいわぁ~ せつないわぁぁぁ

昨日、またまた訃報が入りました。

私達が起業する時に、随分と応援してくださったお方が亡くなった・・・訃報です。

日々を綴ると、避けては通れません。

そして・・・心は沈みます。切なさでいっぱいになります。

 

 

その方は、ご自身も起業された経験がおありなので
私達の起業を大変喜んでくださり
立場的には、アラン秀俊さんの「仕入れ業者」になる方です。

私達の起業の13年の間に、社長職から会長職になられ
時間の余裕とともに、私との時間も創っていただけるようにも成りました。

 

家族経営の大先輩
人生の大先輩
全てにおいて、追いつく事の出来ない方です。

 

ひとつだけ・・・私達が先だった事
アラン秀俊さんが二度目に命の淵にたった時
その方も、救急搬送されて同じ病院に、入院されました。
そして、その方は、最上階の特別室に入られたので
私は、おしゃべりをしに特別室にお邪魔しました。
私達二人の経営している「社員さん無し」の会社では無く
社員さんが何十人もいらっしゃる規模の、会社経営をされておいでです。

が、家族経営で有る事には違い無く
日中の面会時間には、家族の方がお越しになるのも難しく
独りでいらっしゃると、私がお邪魔しての世間話を
喜んでいただけていました。

経営の第一線を退かれたとは言え
起業家精神の旺盛なお方で
世の中の事を「お土産」の話は、何よりお好きのようでした。

ここ数年は、アラン秀俊さんの仕事にくっついて行って
軽いご挨拶をさせていただく程度でしたが

また、一人大切なお方のお見送り・・・です。

 

この悲しい「心」は、何度味わっても・・・経験値を増やすには、なりません。
お見送りをするお方との事
ご家族の事
思う度に、心がせつないです。

きっと、これも試練なのでしょう・・・ネ
6月は明るい記事を書くぞ、って思っていたのに
空模様が変化するように、心模様が変化しているのが「生きてる証」
涙は枯れません。
溢れる涙を生み出せてる事を、受け止めています。

それと・・・このお方が、いつも喜んでくださっていた
起業家としての「アイデアを生み出す力」は、私の中に力強く「存在」しています。
何かを「きっかけに」、モコモコと湧き上がります。

 

私が生きてる間中、「涙」が枯れない分だけ
「アイデア」が湧き出す力も、枯れません。
生来の天邪鬼の性格が、そうさせるのか
ジーーーーーッと、経過観察をしながら
誰も気付かない「ポイント」を見つけての、方向転換
しかも・・・それさえも中々気付かせない「方法」を見つけ出す。

しばらくは、静かに過ごす時なんだろうと

ここの所多すぎる「訃報」に
「天」はにぎやかだろうナと思い換え

私は大人しく静かに過ごす事にしよう、そうしよう!!

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く