ライフスタイル

やることやって、だまってまとぉーっと

太陽の子「陽子」という名前を付けてもらえて、そろそろ65年と360日、誕生日になると66歳になります。
画数が多くて、格好が取り憎くて、書くには大変な名前ですが、響きは好きです。

ただ、周りに暗い影が有るのが苦手なので、出来る限り取り除いておきたくて、ジタバタします。

そんなジタバタも夜明けが吹き飛ばしてくれるとは思えず、夜明け前の空をジーーーっと感じている時が、良いです。何かしらのワクワク感があり、その感覚をそーーーっと感じているのが好きです。

たまにドキッとする出来事もありますが、それを待ち受けているのも良いなぁ~~~と思います。

私自身に余裕を感じていられるようになったのかなぁ

まだまだだとは思いますが、少しずつ「焦り」からは離れていられるようになってきました。
あまり大きく「息」を吸い込む事もなく、かといって浅い「息づかい」で苦しサを感じるでもなく、生きていられるように、少しずつですが、近づけてこられたようです。←心肺機能が弱り、人並みから遠ざかってしまい、三年が経ちました。

救急搬送されて、緊急手術され、CCUから出られてから三年経ちました。「死」がすぐ近くに感じられて、正直私自身の「取り扱い」さえも怖かったです。

やっとここまで、何とかここまで、まだまだこれから、と少しだけですが(笑)

小さな私自身を認めながら、やれる亊だけで良いなぁ~~~と、私自身を抱きしめているような感覚です。

私自身の違和感からは、遠ざかっていたいだけ

気持ちが乗らない事からは遠ざかりたいのは、子供の頃から、ずっと変わりません。かと言って、途中で投げ出すのも嫌なので、やれる事は精一杯にやって、だまって「時を待つ」という姿勢だけは崩したくは無いのです。

そんな私自身の感覚を大切にしながら、あと少しのカウントダウンを楽しみにしていたいのです。

きっと何かが大きく変わるのではなく、納まる所に収まるんだろーナ

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    最新記事 by NagataYouko (全て見る)

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く