ライフスタイル

アンケートは、いただきたい声をいただける(ように出来る)

飲食業をやりたい!   は、若い頃のアラン秀俊さんの夢

とは言え・・・未熟者で怖がりの私には
安定という「容」でないと、家計を預かれないとばかりに
雇われの身を選んでいただき、二人の生活が始まりました。

そんな二人が、起業したのは、この「夢を現実にする為」

お陰で、奈良サロンで「食事」を提供させていただき
喜ばしい日々を送れています。

ただ・・・・飲食を「業」に出来ない(しない)のには
飲食を「業」として、日々切磋琢磨しておいでの方々がいらっしゃいます。
趣味の延長のような「気まぐれ営業」が

それに肩を並べるのには・・・少し、恥ずかしい

というコトで、奈良サロンは
アラン秀俊の「食の研究場」として位置づけての活動にしています。

前置き長くて・・・・ごめんなさい


 

それでも、料理を楽しんでいただけるように、よろこんでいただけるように

には「手」も「気」も抜きません。

image

私の作った「ライフプランシート」チラっと見えてる、昨日のランチ

それには、こんな素敵なお言葉

image
ワン
image
ツー
image
スリー

料理の「お金」は、お気持ちで

image

image

いただけた「お金」の使い道 ふふふ

そして、ご自宅にお帰りの奥様(この方は、ずっと以前から私のお客様)から、こんなお言葉

 

今日はどうもありがとうございました
行くまでの主人の???が
今日伺って、!!!に変わったのが
ホントに何よりでした(^-^)v
アランさんのお料理も、
とっても美味しくて、
私たち家族の新しい第一歩、
記念すべき日になりました
本当にありがとうございました~~
今後ともよろしくお願いいたします(*^_^*)

 

 

私たちが出来るコト 家族経営のミゾ埋め

私がどんな提案をしても、全員の合意がないと進めません。

コトが上手く運ぶには、まずは「同じ方向」に向くこと

私たちの経験が、他の方々に少しでも役に立つように

それには、お客様への出来るコト(プレゼント)を明らかにするコト
それを、お客様がよろこびとして、受け取って下さるコト
そうすると、私たちがいただける「言葉」は
私たちのがんばりを生み出してくれます。

お互いに「気」が良く過ごせます。

そんなアンケートお願いの一文に
「お越し」の「お」が抜けていたのは・・・・内緒

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く