ライフスタイル

イルカのトレーナーの転職

左肩が全く動かなくて、ひどい時には痛すぎて、眠る事もままならなくなっていました。
たまたま時間があって、ちょっとしたお試しで入ったのが「ドクターストレッチ」というお店。
担当を決めて、週に一回くらい通うようになって、そろそろ二年半です。

担当の方の諸々事情で、今は元イルカのトレーナーさんだった方に、私の身体を委ねています。
そして、週二回のペースで通っています。

めちゃめちゃ硬かった身体が、良くなっていくのを感じているので、小まめに通います。
そして・・・宿題言われてもやりません(笑) サイズ図るなと言って我儘通します。
その為の担当でしょー 私の身体を良くしなさいよー
と、言い放ち、ドーーーンと横になっているだけです。

実は、私自身もプロとして委ねられるのが心地いい

この担当者さん、めちゃめちゃテンション上げて来ます。その姿勢も好きです。もちろん、結果を出してくれます。
あまり沢山はしゃべりません(だって・・・痛いと、声が) そして、我慢癖は有るので、顔もゆがめたく無くて、ドーーーンと横たわっているのです。

そしたら、私には「飼育されていないイルカのおばあちゃん」というイメージだと言います(笑)

つまり、トレーナーの方を向かず、自由にしているイメージらしい(笑)

イルカショーは見た事があるので、イルカショーの外で自由に泳ぎ回り、のんびりこんと過ごしていて、好きにしている「長生きな知恵イルカ」だと言います。中々面白い表現だと思います。

私は33歳イルカ年齢くらいだって

赤ちゃんイルカのように素直にトレーナーのいう事聞かないし、かといって、チームイルカ達の「和」の中にも入らずに、自由な33歳、中々良いワ

自由にしてるけど、はぐれやさぐれてるイメージなくて、傍らでチームイルカを見守っているなんて
今の私の姿そのものだと思うと、嬉しくなります。

トレーナーさんとの相性も良好なのです。
ドクターストレッチさんでも、担当の方をトレーナーと呼んでいますからねー

ナンチャラカンチャラと専門用語を言われても、筋肉の名前と状態を説明されても、全く聞く気も無くて
手に負えないおばあさんでも、果敢に取り組んでくれる姿に、身体を委ねています。
パソコン三昧で身体を動かさない私は、まだしばらく続くトレーニング ン???メンテナンスです。

性格は変わりませんが、体質は変わって来ました。やっぱり諦めなくて、良かったわーーー

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く