ライフスタイル

オーナーシェフの料理の「手」を止めてしまう「おしゃべり」とは

私達夫婦は、本当に良くモメます。

 

 

よく言うと、意見交換が出来ます(笑)

 

 

たまに、口達者な私が、アラン秀俊を論破します。
ので・・・嫌がられます(苦笑)

 

 

というワサワサ&ジタバタな時間を過ごした一日だったので

ふふふ
罪滅ぼしに、主導権は私に有り

 

夕食は、豪勢に出来ました(笑)

 

生駒市に「気」になる「ふらんす料理」のお店が有り
何度か予約連絡してみましたが・・・叶いませんでした。
昨日、無理は承知でギリギリ予約で、ラストオーダーに間に合い

 

念願かないました。

 

お店のしつらえも、お料理も
ギリギリの駆け込みという事も有り
遠慮気味だったので・・・写せませんでした。

 

 

が、時々話しかけていただける、オーナーシェフの質問に
お答えしていたら、その答えが面白かったのか
オーナーシェフは、料理の「手」が止まってしまっていました(笑)

 

 

カウンター席だけの、コース料理ですから
私達の食べるペースで、出していただけます。
なので、おしゃべりにも「華」を咲かせるコトもできましたぁ
他のお客様が、全てお帰りになったというコトもあって

 

 

最後、私達がお店を出たのは、閉店時間を遥かに越えていました。

 

 

 

私達の事、とても面白がっていただけ
リーズナブルなお値段で、美味しいお料理をいただけ
オーナーシェフにも、是非また、色々と教えてください。
と、言っていただけ
私達も、楽しい時間&美味しくて「ほっこり」する時間を過ごせました。

 

 

「気」になっていたお店は
やっぱりこうして

「行ける=行きたくなる」んです。

 

 

美味しい物をいただくのは、仲直りには最適です。

アレレ???

なんの話かな

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く