ライフスタイル

シニアだから出来る事の為に、総括してみた

と言っても、そんなに巾広く沢山にある訳ではありません。
それでも、私達の存在を「良し」としてくれ、私達自身もその方々との「お付き合い」を喜びに出来たら、それは「良し」なのです。

吉し・良し・好し・由し・よし うっししししし

総括って、実は怖い単語

実は、知る人ぞ知る。知らない人は、誰も覚えていない名前「永田洋子(ひろこ)」という人 

総括

そうかつ連合赤軍

内容

説明

総括とは、本来は全体を取り纏める事であり、1960年〜1970年代の左翼政治運動家の間では、活動を振り返ることで反省・改善策を見出す思考法として好んで用いられていたものである。本項目では日本の新左翼党派である連合赤軍において、29名のメンバー中12名のメンバーを死に至らしめる要因となった「総括」について扱う。ですってーーー インターネットより引用

事件は、私が10歳から20歳の頃で、テレビ等で激しく報道されていたけれど、あまり詳しい事も知らずに、とにかく「激しい方」なんだろーーーナ という感覚は有りました。まさかの「永田」に嫁いで「永田陽子」になるなんて・・・
そして、政治家ではない一般人の私が、永田に嫁いでのアレコレを、一緒になって過ごした「秀俊さん」と、「新婚旅行」も無く、いきなりの「実生活」の中で起こったアレコレを「総括」してみようと思い立ち、三泊四日の気まま旅に出かけてみたのです。

今を至福と言わず、いつになったら

とても恵まれた暮らし方が出来ています。可愛い孫にも恵まれて「家族の継承」も出来ています。四人の親も、三人までもお見送りが出来て、あと一人の実母は、とても元気に暮らしてくれていて、実家の商売は、弟が継承してくれています。この上を望むのは「贅沢」だと知り、それでもその継続には、日々の努力を欠かさないで暮す。あまりに一般的な一般人の私達には、それが与えられた「至福」なのです。無理はしません!!←キッパリ

新婚旅行は、結婚式以降の生活を、非日常の中でお互いを確かめ合う為に行う儀式です。私達の今回の旅は、それとは少し意味合いが違いますが、目的は「お互いの未来の為に、存在を確かめ合うように、スタートの時の気持ちを振り返る事」でした。

思惑どおりに、至福の時を過ごせました

空の青さと、海の青さに目をやりながら、雄大な富士山の裾野を走り抜け、温泉に浸かり、海の幸や山の幸をふんだんに使ったお料理を堪能して、ぐっすりと休みながらも、便利な道具で「お客様方」や「関係の方々」とは連絡を取れて、特別に不自由な事も起こらずに過ごせました。

本当に良い時代の、良い暮らし方に恵まれています。

こうした私の「何も無い文章」にも目をやっていただけて、存在を認めていただける事は、どれほどの大きな「愛」に包まれているのかを考えただけで、生きて来た時間の全てが、周りのお蔭だと、つくづく思えます。

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く