ライフスタイル

ミゾって言葉から、創造する「コト」って、どんな感じ(漢字)

言葉には「力」が有ります。

ひとつの「言葉」さえも「良いイメージ」と「悪いイメージ」が有ります。
そして、それは「発信側」にも「受信側」にも有って
同じ「言葉」から、発する「イメージ」によって、全く「違うコト」にもなります。

 

 

発信の仕方
受信の仕方

 

 

色々と、学べる「し合わせ」な「今」です。

情報過多は、「選べる楽しさ」にも繋がります。

そして、「選ばれるチャンス」にも繋がります。

 

 

「良い事」の裏側には「悪い事」、ピタッとくっついています。

そのどちらを選ぶか、自己責任では有ります。

 

 

が「選べる時代」「選ばれる時代」なのです。

どーーーーせなら、選んでいただける「発信」を心がけていたいです。

 

 

私の仕事の「一部」に「ミゾ埋め、現場監督」という「コト」があります。

もちろん「上手く行かせるため」ではありますが・・・

その「ミゾ」は、強引には埋められません。

そして・・・強引に埋めても、上手く行かなくなります。

当然です。

「家族」と言えども「人」の集合なのですから

大切なのは

その間には「ミゾ」が有るという「事実」を知るコト

「ミゾ」の「存在」を知るコトなのです。

「知らず」に放置・・・が一番の「悪」に繋がってしまうのです。

 

 

そういう「意味」から考えてですが

私は「ミゾの存在」を「知る」が「大切なコト」とします。

そして、「ミゾ」で隔てられているのは「個」=その人自身

と、とらえて「扱うコト」を意識します。

 

 

大切な「人」とのお付き合いには、そんな「コト」を考えております。

これによって・・・「節度」を護れますものネ

その根底に有るのは「私自身」を

大切に扱いたい、扱われたいという「思い」です。

最後にすこぉーーーしだけ

 

「ミゾ」「溝」の意味

田の間を流れる用水。また谷あいの流れ。ほりわり。水を流すためのほり。みぞ。

ミゾが有るから、潤い育てられる「田」
ミゾが有るから「水」が流れ、植物も「育てられます」
ミゾって、大切

 

 

 

ミゾの存在を知って、私は育ててもらえた。

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く