ライフスタイル

メリハリ付けても、ゆるぎたるぎ

ゆるぎたるぎって、方言だったーーー

しかも、高松(私の生れは岡山)なんだってーーー

意味は、融通し合う
「ゆる気(ぎ)」は,ゆったりした気持ち,「足(た)る気(ぎ)」は,満足した気持というコト

 

日本人のそう言う心が好き

どーーーもギクシャクが苦手
だからと言って、礼儀の欠けたダラダラとした関係も苦手

臨機応変という素晴らしい言葉を、感違いした行いも苦手

苦手を知るから、逆転した発想も出来るように成りました。

得意なコトを提供するのは、相手が苦手だから
その苦手を受け賜わるのが、お仕事・・・なのでは有りません。
苦手を減らすから、得意を発揮できるのではと思い、相手の苦手を受け賜わります。

譲り合いは、自分だけ良いのとは違い
相手を許せる、ゆったりとした気持が無いと出来ません。

つまり、余裕(隙間)が無くて、ツメツメでは難しいのです。
少しだけ出来た余裕を、相手に譲れる。
少しだけ、ほぉーーーんの少しだけ、それが出来るようになったシニアの私達です。

 

日本の大和の心

難しい歴史や、昔々の成立ちとかは、全く解らない私ですが
なんとなく、なぁーーーんとなくの、ゆったり感を感じていたいのです。

祖母や伯母や母の傍に居て、色々と影響を受けたのは
小さなコツコツした生き方をしていたら、大きくなれた、ただそれだけ
周りに「融通」をつけつけ、周りとの「調和」を考えて、日々を丁寧に積重ねてきただけです。

「和の心」が好きです。

バレンタインデーが近づいていますが

和菓子屋さんで見つけたこんなモノ

暖かな部屋の中で、お茶を飲みながら、いただきモノや見つけモノを食べながらの面談の
ちょっとした時間を大切にしていたい。

その方が、色々なヒントが見つかります。
ギシギシした「数字の世界」でさえも「目的意識」が明確だと、取るべき行動が明らかになります。

 

 

歳を重ねたコトが、返って重みに成らない為に

私達なりに出来るコトの提供を、出来るだけする。
出来ないコトは出来ない!!

後は「お若い人達のやる気」を見護るだけです。

そして、そんな中で見つかるヒントが有ります。

そしてヒラメキは「良い結果」に結び付き易いのです。

追いつめられて、ギューギュー絞り出された案よりも
ちょっとだけの余裕を持った時のヒラメキは、意外と面白い案だったりします。
そして、それを喜んで実行するコトで、良い結果を生むのです。

 

 

教えるのでは無く、学ぶのです。
しかも、学びとるという姿勢が大切なのです。
私の所に面談に来られる方々は、容の無いモノに「お金」を払い、「時間」を使う訳ですから
私から「学びとる」姿勢でいらっしゃいます。
私の方も情報提供は、惜しみなく出来ます。
その方が、成長の階段を上り易いからです。
お互いの「理にかなったコト」が、お互いの「利を生みます」

 

今日も、良いお仕事出来てるなーーー生きてて、良かったなーーーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く