ライフスタイル

メンテナンスの大切さを、目の当たりにして

ここ数年、私達のお気に入りのメンテナンスに、精を出しています。
というのも、手遅れになりそうな「私達の命の淵」を経験して、何が大切なのか、どう暮らしたいのか、色々と「話し合い」をして、その話し合いにも、喧々諤々として、薄皮を剥がすような「改善計画」の中で、丁寧な暮らし方が、心の豊かさを創り出してくれる事だと信念を持ってぃたのに、それをどこかすみっちょに追いやっていた事に気付き、再度「初心」を見つめ直しながらの、「現状維持」という判断をして、それの出来るように、という「基本理念」の練直しをしてみました。

道のりの遠さを感じて、プロに委ねる大切さを痛感しています

この薪ストーブは、アラン秀俊さんが最初に倒れた時に、「生きる活力」を見出してくれたら良いなぁ~と思って、設置しました。入院先にカタログを持って行き、退院して「薪ストーブのある暮らし」が出来る楽しみに、ジンワリと「家族の愛情」を、再認識してくれていた頃を思い出します。

薪の調達や、日々のお手入れ、こうしたメンテナンスの大切さに触れると、「薪ストーブのある暮らし」は、費用や時間的には、中々手強いですが、それ以上の「温かさ」を、実感させてくれます。

サロンに入って来た人が、必ず「目」にしてくれる「一枚板のテーブル」と「薪ストーブ」

テーブルは12年、薪ストーブは8年、変化とともに、少しずつすこぉーしずつ、私達の暮らしに「味わい」と「趣」を増やしてくれています。 ちょっと無理をして「手」に入れた、大切な道具達に囲まれた「空間」を、護っていく醍醐味は、私達の生き甲斐です。

分不相応を心配してくれていた私の両親に、心配してくれたからこそ、やり続けて来られている事を、喜びに代えて暮らせています。

大切にしていたい亊が、はっきりとしている私達二人の暮らし方が、まだまだ続いていくように、メンテナンスをしながら、ゆったりとした時間を過せるように、護り続けていたいと、思っています。

やっと少しだけ、地に足のついた暮らし方が、出来るようになって来たのかなぁ(笑) きっと、まだまだだけどネ

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く