ライフスタイル

一歩を踏み出す勇気要る?

これで私、意外と「感覚」だけで生きてるのです。「感覚」を「感性」と言える領域に出来るように、アレコレソレと世の中を観てきましたが、ここまで来ると、またまた「感覚」を信じてみようと思うようになっています。

ちなみに「感覚」って

外界からの光・音・におい・味・寒熱・触などの刺激を感じ取る働きと、それによって起こる意識。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚、温覚・冷覚・痛覚など

美醜や良し悪し、相違などを感じとる心の働き。センス←ここが大切だと思う

誰かか視ててくれたら良いな

やっぱり「そこ」だなぁー こうして発信していても、だぁれも視ててくれないと、寂しい
誰かが視ててくれて、反応してくれたら、とても嬉しい、意外に「簡単」なのに、なぜかややこしくしてしまっているのは、とうの本人なのに・・・気付いていない事が多い

数字に翻弄されない為に、視点を変えてみるように、起点はしっかりとしておきます。
もちろん、自分自身の立ち位置もです。←ここ、意外と忘れがちなんだよねー

そしてねー 色々と考えてみる事も、すこし減らしてみたの
躊躇するのも、辞めてみたの
「周りと一緒に」を、社名に入れて起業した当時の「思い」をしっかりと蘇らす為にも、一旦は「信じる」亊にして、成長する人生を続けようと決めたの

久しぶりの機械も登場します

そしたら、ドンドン良い方向に進めている

そーかぁー やっぱり私自身が「管理」の仕方に、大きな「歯止め」かけ始めたんだなぁーと感じる事が多くてねー
「周りにかけた心配」に意識がいき始めたんだナー なんて、ほんのチョッピリと反省してみたの
今更だけど、ここのところ、感じる事をおろそかにしていたカモねー なんて、ちょっとだけ(笑)

「人」に合わせて何かをやるというよりも、「人」を巻き込んで何かをやってみるに、挑戦してみようと思ったんだよねー

またまた「イベント」をやってみる事にしたんだーーー
アラン秀俊さんと一緒に、色々な方々を巻き込んで、私達に出来る亊を提供しながら、喜んでくれる人達を、周りにいっぱいにして生きていこうと、決めました!!


私達で出来ない事は、誰かが助けてくれる。そう信じて、私達の枠を外してみる事にしたら、楽しみは増えた

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く