ライフスタイル

一緒になって、泣き笑う人と繋がれますか?

仕事って何??? 
商売をしている家で育った私は、子供の頃から「仕事の現場」で育ち、どれが「仕事」どれが「遊び」の境目が無くて、しかも「職人の世界」だったので、人生の全てが「修行」のような、プライベードとオフィシャルの境目さえも、はっきりとしない世界でした。

なので、どうしても「バシッ」と線を引けない暮らし方が「基本」になっていて、チャイムと共にが、フワァ~~~とです(笑)

きっと、だからこんな感じなのかなぁ
世の中全て、上手くなるようになってるわぁ~と、今更ながらに思います。

こんな時期だからこそ、伝えたい事の為に日々を書き留める

私事(プライベート)など、どうでも良い事ばかりです。それに興味の無いお方の方が多くても、私は生きて暮らしています。その暮らしが「豊か」で「仕合せ」なら良い!! そんな風に思い、ほんの少しの事を、私にとっての日常は、全ての方々と違っていても良いから、書き綴ろうと思い、くだらない事の列挙になっても、書いています。

人気モノにはなれなくても、あんな風に暮らせたら良いなぁ~~~と、ふんわりと考えていた「若い頃の憧れの暮らし方」が出来ています。

そうです、コロナもバブルも無くて、私達が知り合って、この人と一緒に暮らしていたい!! と、思って結婚したけど、現実はそんなに甘く無くて・・・それでも、子供達との暮らしは、今の私達を鍛えてくれたし、愛しむ事の素晴らしさも身につけさせてくれました。

大それた事など何もないけれど、平穏で暮らせる日常がある

「目が覚める」って事が、今の私達(心臓や肺に疾患があります)にとっては、何より「有難い事」なのです。
だから、きっと多くの方には、どうでも良い事が、感動に繋がっていて、でもそれは普遍的であるハズも無くて

毎日がえぶりでぃはっぴーに繋がるように暮らす事

出来事は「良き」に繋がるように受け止められるように・・・という「理想」は、あっても、理想通りには上手くいかない事があっても、くさらない!! へこたれない!! で、日々を綴ろう、見ててくれる人が居て、一緒になって、泣き笑いの出来る方々が居てくれて、その方々が、私達のお客様だという、素晴らし過ぎる環境に暮らせているのですから

お客様選びなのか、お客様から選んでいただけてるのか、どちらが先か解りませんが、色々あっても。それが可能になっている「今の暮らし方」が、続いている限り、 くさらない!! へこたれない!! で 生きようと思います。

選ばないと、選ばれない!!

やはり、長く続けて居られるお付き合いの基本かなぁ~~~と、思います。
「すおな」という名前も、「アランズセレクトクラブ」という名前も、私達の付けた自慢の名前です。実際の二人の息子達の名前は、アラン秀俊さんがつけてくれましたが、起業の時からは「二人の思い」が実りますよーーにという思い入れ満載で、私が提案してみました。

思いの丈が、身の丈を育んでくれています。それは、応援してくれる方々と繋がれている証なのです

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、18年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く