ライフスタイル

丁寧に生きていたいからこそ、時間かけて繋がりたいし、育んでいたいなぁ


ご縁あって、埼玉の生産農家の大晴農園さんと繋がれて、そこで大切に育てられた「キウイ」が届きました。

お初だし、声をかけるのに、ちょっともじもじしていたら、農園さんもお歳暮シーズンに入ってしまい、中々忙しい中を、無理を聴いていただけて「ジャム子用」を送っていただけたのを眺めていると、とっとと創ろうという事になり、早速下ごしらえをしました。

「ジャムを炊きたい」は、広がりと繋がりを創ってくれた

思っていたとおりに、人に喜んでもらえて、人に応援してもらえるように出来始めました。私達の「やりたい事」を全うするには、先ずは「やりたい事の応援してもらえる人になろう!!」が、始まりでした。←ここ、大切な基本中の基本

奈良サロン構想は、これほどまでに大きな事が出来るとは思わずに、始まりました。が、ひとつひとつを丁寧にやってきたら、こんな風に広がりを持って来ました。そして、やれて来たら面白味も増して、次々に広げて来られました。

そうしているうちに、沢山の繋がりが出来て来て、こんなモノまで「手」に入り、またまた「アランズジャム子」に「新ラインナップ」が誕生です。

下ごしらえの前のお味見も、バッチリだよー

やっぱり直接仕入れ~~~ 農園のみずみずしさが一緒に届きました。そしたら、はやる心をそのままに、さっさっさと動き始めるのでした。ジャム子達を、楽しみにしてていただける方々の顔も見えるので、アラン秀俊さんは、丁寧に作業をします。その時、私はアシスタントとして、ただ黙々と丁寧な作業のお手伝いをします。←主従がはっきりすると、モメません(笑)

私達は、サラリーマンをしながら、子育てと家庭育てをしてきました。
その二人が、シニアになっての起業をして、お陰様でそれまでに培った「専門分野」では、上手くいったので、次には「お客様の応援」と思い、始めたのが「アランズセレクト倶楽部」です。
ジャムを炊くのは、選んだ美味しいモノを喜んで頂きたくてです。

私達が応援したいなら、先ずは応援される人になれ!! 商売の基本の基本に立ち戻りながら、日々丁寧に精進します。良いなぁ

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く