ライフスタイル

三日で800キロってすごくない?

奈良の苗と同じくらいの生育状態の、アラン秀俊さんの故郷の稲達
永田ばかりの墓石です
途中立ち寄った昼神温泉のお宿
朝から温泉に入り、足湯にも入り、まったりと過ごす

ドライバーのアラン秀俊さん、66歳(昨年12月に心臓の弁を交換する手術したばかり)、アシスタントの私64歳(心筋梗塞からの心臓弁膜症&糖尿病で治療中)な二人の、ちょっとした冒険です。アラン秀俊さんのお父さんの祥月命日からの、大冒険です。←と言っても、慣れた場所ばかりで、心は平穏。そして、アシスタントはする事も無く(たまにドライバーを変わるカモという、補助要員)、助手席で居眠り三昧です。
懐かしい景色、綺麗な空気、美味しい物、知り合いの笑顔、ご褒美三昧です。

ご褒美ってね やった人にだけ与えられる特権ヨ

やらないで欲しがるだけでは、誰もご褒美与えてくれません。欲しいもモノゴトは、手に入れる為に動かないとねーー しかも、とても恵まれた良い時代で、色々な道具があって、その道具を上手く使う事で、実体験が得られるのです。
ちょっとした「きっかけ」で、ちょっとした「結果」に繋げて行って、良い気分、良いご褒美が経験できたら、それはとても「恵まれた生き方」だよねー

行く先々で待っててくれる人が居る

もちろん、ご縁のある場所だし、そういう約束もするからだけどネ
それって、何よりの「財産」でしょーーー 長く生きて来て、人とのご縁を大切にして暮らした「親」からの「影響」なんだよねー 手取り足取り教わった事では無いけれど、自然と身についた事なんだよねー
岐阜と岡山、実家の暮らし方も全く違う私達ですが、色々驚く事ばかりの「常識の差」は、色々な「工夫」や「すり合わせ」の繰り返しでした。その分「相手を理解する事」に沢山のエネルギーを使いました。

いっぱいの新鮮野菜を手に入れる。喜んでくれる人の笑顔を観てる買い物は大好き
私へのご褒美だと渡された

努力は人の為では無くて、まさしく自分自身の為

未だ、モメモメガタガタしてる私達ですが、そのあたりの「塩梅」の為に「これが良い」を見つける為の「問題提起」だと信じています(笑)

問題解決への近道は、あなた自身の「心の中」です。ちょっとした違和感の中に潜む「心穏やかに居られない事」そーっと捨ててしまいましょうねー我慢は続きませんよー(笑)

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く