ライフスタイル

上質な甘い構造が良い

私は、厳し目には言うものの、どこか甘いです。困ったコトが無いのです。なので、困ってから相談に来られても、打つ手が解りません!! って、困ってから何とかするには、余計な時間やお金を費やさないと、出来ないし、そんな人生設計図が描きたい訳では有りません(ここは、結構きっぱりと)。未来を輝かせて生きたい方限定です(笑)だって、お客様の未来は私の未来でも有るわけで、現在困っている方が、やり方も在り方も変えずに、未来が輝くハズは有りませんからネ

前提条件は、困っていない

先日、久しぶりのお方から「電話」が鳴って「相続の相談に乗って欲しい」という事でしたので、ちょうど移動中だったのもあり、夕方の時間帯(事務所に帰って、お話を聴ける時間帯)に、再度の「電話相談」のお約束をしました。で、アレコレ聴いていても「相談内容」が「曖昧」で、「具体的」に「何をすれば良い」のかの「ご家族の足並み」が揃っていない「愚痴」の羅列をされておいででした。という事で、何を相談したい!! というよりも「背中を押して欲しい」にしか、聞こえて来ないのです。そんな時、以前の私ならば、有る程度の時間を割いて「そうか、そうか」と聴いていましたが、残念ながら、これだけ「体力の無くなった今」その「愚痴聴き&背中押し」には、時間を割いては居られなく、私自身の「心」が弾むことに心を向けていたいので、電話を切らせていただきたい!!と、お伝えして切らせていただきました。

結果、困り事は、周りの状況

それを解っていて、それを聴いて欲しいだけの方には、問題解決の「糸口」をつかむ気が無いので、いくら聴いても結果は同じの「堂々巡り」にしかならないのです。ご本人がそれに「気付く」まではその堂々巡りの中で、ドンドン泥沼に足をすくわれていってしまうのです。そんなお方には、私が何を言っても届きません。長くもこうしたお仕事をさせていただき、多くの「案件」にこういった「傾向」を見つけると、私の方から「その場退散」させていただかないと、私の「心」が影響を受けてしまいそうだからです。早期撤退は、私が私を守る為に、身につけました。

必要以上の説明は混乱を助長するだけ

私の過去の失敗の中に、数多く有るのは、解らないから説明してあげないと!!と、私が相手の望みを見誤った時に、起こっていました。説明時間が長いのを「理解」の為に必要な時間と認識していたのですが・・・どーーーもそれが間違いに気付くのには、そんなに時間は要りませんでした。だってそもそも「相談業務」にさえも「相性」があるのですから。

けど・でも・だっての多いお方は、近づかないでくださいなー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く