ライフスタイル

人に寄り添う「仕事」って、どれだけ相手を「思えるの?」どれだけ相手に「思われるの?」につきます

東京に行ってた四日間

それは、それは沢山の刺激の中で過ごしていました。

生きていれば、色々とあります。

そして、その全てに「お金」が関わります。

だからと言って「お金」が全てでは無いのです。

 

 

損と得  高いと安い 多いと少ない

「お金」は「数字」なので「はかり易い」し「共通の認識」として、理解し易い。

なのに・・・それを「はかる」「持つ」

人の「心」は、様々なのです。

 

人に寄り添うには「はかり易い物」と「はかり難い物」の
両面を、しっかりと「共通の物」として「認識し」見据えて行くコトがとても大切です。

曖昧になりがちな「心」を、相手と共に「はかりながら」過ごします。

私も「人」なので「相手」によっては「合う」「合わない」も有ります。

なので、先ずは

「相手」を選ぶ、「相手」に選ばれるコトから始まるのです。

 

 

前置き長く・・・いつもです(笑)

有難い事に、すでに沢山の「相手(お客様の事です)」が居て下さいます。

だから、私の「生活」は、良い意味で「安定」をしています。

でも・・・人生に「安定」と言う「言葉」、実は「存在」しないのです。。。

ライフプランという「目安」をつけて、生きていく事はできます。
が、これさえも「目安」なので、中々思い通りには、進めません。

ここで言う「安定」は、その「目安」に添って、成立する物として
とらまえて居るのです。

 

 

 

東京駅で、名古屋までの岐路についた時

その「連絡」は、入りました。

ずっと以前、とあるお方の「紹介」で
数年間「仕事」をさせていただいた方と、連絡をとりたい!

との事です。

最初のお付き合いは、そちらの会社の「経理指導」でした。
(実は・・・私の見た「数字」は、最初っから大きくバランスを崩していました)
なのに・・・そちらのお嬢さんが務めを辞めて、会社の経理担当になるので
その方の指導をして欲しいが、依頼でした。

 

 

今の私なら、完全にお断りをするパターンです(苦笑)

数ヶ月通ううち、そのお嬢さんは、気付かれます。

資金繰りに、無理が有る事にです。

それから「社長」で有る「お父様」との、これまでの確執も有って
色々な事が、勃発し始めます。

そうなると、会社の経理だけで無く
様々な「お金問題」からの絡み合った「人間模様」の渦の中です。

 

 

結論として、お嬢様と奥様は、そちらのお宅を去る事になりました。

もちろん、私の「お付き合いの相手」は、「お嬢様と奥様」に変わり
その後のお二人の「生活に寄り添う事」になりました。
お陰さまで、それも安定して来たので、「お付き合い」も終わっておりました。

 

 

連絡の内容は「社長の体調がひどく悪く、お嬢様と奥様と連絡がとりたい」でした。

内容が内容だけに、名古屋に帰ってから、奥様に連絡をとり
「起こっている事実」を伝えました。

今後、このお付き合いは、どう発展していくかは、今の段階では解りません。

「お金にまつわる事」「人に寄り添う事」中々、軽い「お付き合い」には、なりません!

 

 

内容とは、不釣り合いなアイチャッチです。ごめんなさい。

が・・・私のこうした「仕事感」の「本質」を

「今」に導いてくれている「お勉強」の新しい仲間とのシーンです。
そして、この仲間の存在が、私の「やる気」と「元気」の一部でも有ります。

色々な「人」との付き合いが、私を成長させ続けてくれます。

 

 

やっぱり「人」が好き

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く