ライフスタイル

仲良くするって難しいぞーーー

私達夫婦、基本的には「仲良くなりたい!!」と、思って暮らしています。
はい、決して「仲良く無い」のです(苦笑)
二人とも「自己主張の強い方」で、「負けず嫌い」で、「自分を殺す我慢」など出来ません。←かなり、きっぱりと!!
永く暮らしたから「馴染んで来た感」は、無くはないけれど、中々な頑固者どおしなので、「相手にとって」と、考える「余裕」を持たないと、上手くいきません。←これで、かなりのモメモメガタガタの解消は出来るハズですが、「余裕」無くなると、モメ事が勃発します(苦笑)

たった二人でさえも、なのにですよっ

そんな私に「人様の人生設計」やれますか? って、笑い話にしてしまいそうな、お題でしょ??? しかも、プロとして「お金」も頂きながらですヨ

そこが「ミソ」でもあってねー
自分自身の事の方が、出来なくなるのはネ
情熱熱すぎて、チンチンに煮えたぎってしまい、冷静さが吹っ飛ぶのですヨ
それが「人様の事」になったとたんに「冷静沈着」にモノゴトを観ていられるのです。しかも、めちゃくちゃ集中して考えはじめられるのです。

このお仕事をしようと思った時より、経験を積んだからこそ

色々な方々と「お仕事」をさせていただいた事で気づいた事は、あまりにかけ離れた「相談」には、本気を出せない=せっかくの「時間」と「お金」が無駄になる。という結果に繋がりかねないのです←という事に、早めに気づくようになりました。

私の我儘でしょうが、それも「プロ意識」だと思い、私自身を許す事に決めました。しかし、それは「お客様側」にも言える事で、お客様からの「お別れの言葉」も、受け入れる覚悟をしてからの、お付き合いを始めます。

制度の勉強はしっかりとしてから、使えるようにするには、必要なプロ意識

先ずは、私自身か使ってみます。使えないようなモノゴトは、良いわよ~~って言えないからネ

実践型の典型です(笑)

届いた年金の通知
今年の12月5日に65歳を迎えます。順調にお仕事が出来ていたら
私自身の年金も「繰り下げ」をします。

少し前どりで「人生設計」するのは、世の中を俯瞰できる「余裕」の為です。
この年金通知から、私が読み解く世間って何でしょう?

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く