ライフスタイル

仲良くする為に、距離を置く

ながく夫婦をしていると
ちょっと近過ぎると「うっとおしい」という我儘な虫が騒ぎ始める。
かと言って、関わりが減り過ぎても「寂しい」なんとも、ややこしい「心模様」です。

お互いの「自立」を目標に切磋琢磨して来ました。←つもりでいました(笑)

中々に、強情な私達二人は、小さな小競り合いばかりでした。←これ、きっと辞められない(苦笑)

難しいのは、感情と感覚の違い

いつまでたっても、相手の「間合」がつかめない・・・のでは無くて、付き合いの長さが故の「慣れ合い」に惑わされては、ガタガタモメモメしてしまいます。トホホ

でも・・・ネ

その為の「ディスカッション」をしてるつもりでも・・・些細な事での「言い合い」になると、収拾がつかなくなってしまいます。そうなると・・・冷静さと、語彙力の違いは歴然で(どちらに優位かは、ご想像にお任せします)

それに・・・せっかく仲良くしたくて結婚した人相手に、ガタガタモメモメしてても、残りの人生を考えてみると、楽しくない!!←ここは、かなりキッパリと

影の存在で有り続ける覚悟

有難い事に、私達二人の「表舞台」は、全く違うので、どちらかの「舞台」では、どちらかが「完全な影」として、上手くサポートしていくようにすると、事は上手く運びます。

極楽箸の存在を胸に刻んでおく事

私達二人には宗教観はありませんが・・・少しだけの常識は有って、しかも、命の淵っこに坐った時には、生き直す!!について、考え直してみました。のは・・・たぶん私(笑)

ちなみに「極楽箸」については

こんな感じかな

毎日が修行で、日々精進しているつもりですが、まだまだな二人です。一緒に楽しく学びましょー 

    The following two tabs change content below.
    アバター

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く