ライフスタイル

体力不足を、時間で補えると勘違いしていました

心臓の数値です。上限値18.4が、249.9です。

トホホ

先日の造影負荷検査では、心臓の血管に特に異常は無かったものの、心臓の負担が大きくなっていました。
またまた、別の治療が始まり、様子見の感覚が短くなりました。正直、凹みます。

随分と我慢強いもので、良くないと知りつつ無理をしてました

少し前から、とあるお方の、ややこしい「相続」の案件の依頼を受けていて、ついに、そのお方が亡くなった連絡を受けたその日の、面談を終えて、アラン秀俊さんに「実は・・・」と、打ち明けてから、気が緩んだのでしょうね 、レクサス君の助手席にも倒れ込むように、乗り込むのが精一杯でした。近くの救急病院に連れて行ってもらいましたが、担当医が居ないので、その救急病院から、救急車で別の救急病院に搬送されて、緊急手術を受けて、何とか「命」は守ってもらえました。 ギリギリセーフです。2018年の11月25日のことです。

事務方のお仕事は、深夜&早朝を選ばすに、出来ます。面談だけは、お相手が有るので、時間や場所は、お相手に合わせます。となって自営業の強みの、24時間働けます。24時間自由に過ごせます。を良い事に、過信を重ねておりました。 トホホ

救いは、少し前からの私自身の身体の変化に伴って、「お客様の選別」という失礼極まりない事をし始めておりました。少数精鋭と言いながらね(笑)

救急搬送の病院から、私のクライアントさんの病院に転院して治療しています

私自身の過信から招いた事とは言え、救急搬送の病院で「命」を救っていただけたとは言え、その後の「管理」には、全面的に信頼のおけるお方に委ねようと決めて、転院をして、治療体制の整った病院で、治療を受けています。
とは言え、やはり日々の「自己管理」は、とても重要な「鍵」になります。

私が私自身を大切にして、私の体調に「耳」を傾けて暮らす事、こうして「数値」を観ながらも、改善に向かって行くのは、ライププランの一環でもあります。循環器内科の医師(このお方が、私のクライアントさん)を筆頭にして、チームで私の「体調管理の指示」をしていただきます。

しばらくは、「様子見」の期間が短くなりますが、これも「改善」に向けての「管理体制」に委ねます。
「不安」を減らすには、こうして委ねられる方々が、周りに居て下さる事と、その方々の「観る目」を信頼して「指導に従う事」です。

もっと、もっと、私自身を大切に扱ってあげよーーーっと もっと、もっと「好き」に近づこうっと

    The following two tabs change content below.

    NagataYouko

    金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、17年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

    関連キーワード

    大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く