ライフスタイル

入院の日々に要った「お金」

テレビの宣伝は、見なくなって長いです。実際にテレビもほとんど見ませんから。という事での「世間」から外れ気味である事は、認めています(苦笑)
そんな私達は、民間の保険会社の販売している「医療保険」には、入った事は有りません。それは、私の保有資格の「お金にまつわるアレコレ」の知識を元にして、経験という裏付けを加味してでも「不要」だと思うからです。ただ、これに関しても「絶対」は無く、人それぞれの「価値観」が元にあるからです。

今回の人工弁置換手術の入院費

保険負担額は、なんと4,715,430円!! 自己負担額35,400円

この差額は、だれが負担するか解りますか?
私達は、奈良県国民健康保険に加入しています。つまり、社会保障に守られて、アラン秀俊さんの命を救ってもらえたのです。多大の自己負担も無く、退院できました。 食事の負担も8,610円です。41食分です。←こんな素晴らしい制度に守られている事、知っていますか?

それでも、お客様が居て、働かせてもらえる

退院の日に着てもらう洋服、上から下まで「新品」で揃えました。私の選択です(笑)

絶対に無事に退院してもらう!! と決めて、選んでおきました。お似合でしょう?
入院中も、集中治療室に入っている日以外は、携帯電話とipadで通信しながら、お仕事をさせていただいていました。

集中治療室から出た次の日、かかってきたお仕事の電話にこの笑顔です。
水を得た魚のように生き生きしています。
孫も加わり、伝票発行の事務作業(笑)
孫のお見舞いにデレデレ
小学生の孫とは、色々な話をしてやっています。息子とは違う対応が出来るようです。
じぃちゃんの無事を報告に、私の実家に同行してくれました。
退院の日、年賀状制作の手助けにも来てくれています。すごく頼もしい助っ人です。
退院の次の日の朝、大曾根の事務所から眺めた朝日
一家の主として、正月飾りの準備の買い物です。大好きな買い物が何よりの「リハビリ」
一緒に観た映画のチケット
二日に分けての正月準備の買い物に、休憩に上がった51階のラウンジで
遠くに思いをはせながら「写メ」する姿
51階から観ていた景色

無理せず出来る事で、生涯現役を目指す

孫の成長を楽しみにしながら、ゆっくりと暮らす老後生活。よりも、無理なく期待に応えて居られる範囲に絞りながら、家族の手助けを受けながらも、ゆるりそろりの「リハビリ」を続けて(きっと生涯)、家族の「和」を見つめて過ごす時間と、お金の使い方をしていきます。

障害者でも、シニアでも、周りへのお返しは出来るワ

そう信じて、新しい年に向けて、気持ちは晴れ晴れとしています。
素晴らしく良くしてくれる「制度」や周りに守られながらも、自分の出来る事をしっかりと見つめながらの、暮らし方は、生涯現役で、生涯リハビリしながら暮らす事。

何が正解かは解りません。それでもいつも、何が出来るか、誰が喜ぶか、誰も悲しまない選択をしながら、悔いなく暮らしていきます。
私達二人に「命」を繫がせてくれて、有難う!!

The following two tabs change content below.
アバター

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、16年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く